FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2006年02月18日02:20

確実にオレの中で変わってきた事

 出会い始めの頃、彼女と言い合いをしなかった。 コレまでの経験から「どうせ女なんか、何のかんの言いながらオレの事イヤになって去って行くんだ」って思ってた。でも、オレはアイツのこと好きなもんで、去っていかれるのが物凄く怖い。だから、全然それぞれの意見をぶつけて話し合いもしなければ、ケンカもしなかった。 ある日、そんなオレを見たあいつは「何を怖がってんの?ぶつかってくれば良いじゃない」って言った。オレ...
この記事を見てみる  ⇒
確実にオレの中で変わってきた事
2006年02月18日02:20      cat  :  気分
 出会い始めの頃、彼女と言い合いをしなかった。

 コレまでの経験から「どうせ女なんか、何のかんの言いながらオレの事イヤになって去って行くんだ」って思ってた。でも、オレはアイツのこと好きなもんで、去っていかれるのが物凄く怖い。だから、全然それぞれの意見をぶつけて話し合いもしなければ、ケンカもしなかった。

 ある日、そんなオレを見たあいつは「何を怖がってんの?ぶつかってくれば良いじゃない」って言った。オレが、それまで思ってた事を告げたら「大丈夫。もしアナタが、人を殺したり、どうしようもない犯罪を犯して、それで誰が見てもアナタが悪いって言う状況になったって、それでも私は嫌いになったりしないで、味方でいるから」って言い放ちやがった。

 そのうちオレは、アイツがオレに嫌気をさして去っていくって言うイメージを抱く事がなくなった。そうなったら、どんなオレでも見せられるし、どんな事でも話し合えるようになった。それで、いっぱいケンカになるのかと言うと、実はそうでもない。でも、前より思いっきり笑えるようになった。泣けるようになった。怒れるようになった。んで、その日の終わりには「今日も楽しかった」で布団に入れるようになった。

 オレは毒舌だし、自分勝手だし、周りが見えない。だから、アイツをいっぱい傷つけてきた。でもオレがアイツに対してぶつかって行くまでは、アイツも気を使ってその事をあんまり言わなかった。そうやって、少しずつそれぞれが不満をためていってた。でも今じゃあ、そんなこともいっぱい話すようになった。で、その事について、二人で考えて、二人で納得の行く形を探すようになった。そしたら不満なんかなくなって、いつもニコニコ。マァ、まだオレがひどい事をすることもあるんだけど・・・

 きっと、カップルが別れる原因のほとんどってコレなんだろうなぁ~って思う。相手の事を気遣って、自分が我慢する事が「優しさ」だって思ってた。でも、それじゃあ、全く成長もしなければ、心が分かり合える事もないんだよな。何に怒って、何に喜んで、何に悲しんで、何に思い悩むのかを話し合わなけりゃあ、相手を知る事なんて出来ないんだと思う。お互いがそんな風にやってりゃあ、いくらケンカしても、長く付き合っていけるもんだと思うんですが・・・まさに、「雨降って地固まる」だよ。特に最近のオレ等は。本当の優しさは、自分の押さえつける事じゃなくて、相手の事を受け入れる事なんだと、今更ながら知りました。おかんがよく言ってた言葉に「付き合ってるうちは両目を見開いて付き合って、結婚したらそっと片目をつぶるもんだ」ってのがあった。それの意味も少しは分かったような気がする。

 そんなわけで、今日も楽しくあいつと遊べました。良かった良かった。

 マァ、そんな話ですわ。
関連記事
スポンサーサイト



みてみて!
こんにちは!sagamiです。
オススメサイトを紹介しますー。

「よめろぐ」 http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログです。
僕は残念ながら男なので、登録はできませんが、最近よく見にいってます。

姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
お嫁さんて大変なんだなぁーって勉強になります。
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?


独身女性はこちらをどうぞ!⇒ http://femi-log.jp



次はこちら!

「大人のブログ」http://oto-log.jp/ha

18歳未満の方は見ちゃいけないようなので、ご注意を!!
大人の方のエッチな体験談などがいっぱいです!
他では言えない大人の話をしたい方にはオススメです!
[ 2006/02/23 10:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム