超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年11月07日21:06

かめさんぽ人情張

カメスケの散歩をしててふと思った・・・カメスケのお散歩シーンを記録に残しておこう。と。何だか、それが大事な事のように思えてきた。で、取り合えず、手元にあったデジカメでカメスケの散歩シーンを撮影。そこまでは良かったんだよ。そこまでは。折角だから、それをYOUTUBEにでもあげてやろう。とか、考え出してからドツボにはまっていった・・・何しか、FLASHで動画編集して、それをあげてやれと、取り合えず動画を製作。この...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かめさんぽ人情張
2009年11月07日21:06      cat  :  気分
カメスケの散歩をしててふと思った・・・

カメスケのお散歩シーンを記録に残しておこう。と。何だか、それが大事な事のように思えてきた。で、取り合えず、手元にあったデジカメでカメスケの散歩シーンを撮影。

そこまでは良かったんだよ。そこまでは。

折角だから、それをYOUTUBEにでもあげてやろう。とか、考え出してからドツボにはまっていった・・・

何しか、FLASHで動画編集して、それをあげてやれと、取り合えず動画を製作。この辺はなれたものなんだけども・・・YOUTUBEは「swf」拡張子はアップできない事が判明。

しょうがないから、「swf」を「avi」に変換する事に。所が、さすがにflash全盛期からはるかに経った現在。そんなソフトがもうほとんど存在しないんでやんの。有るのは、使い方がめんどくさい海外のソフトか、金がかかるヤツばっかり。それでも2時間ほど、あれやコレやといじって見たもののどうしても出来ない。

その段階になって、「いっその事、動画編集ソフト自体を変えてやれ」と思い立つ。(ここまできたら意地になってるので、諦めはしない)色んな編集ソフトをいじくってみた結果、「AviUtl」が使いやすそうと判明。「avi」出力も簡単そうだし。

早速、動画編集だ。・・・と思ったら、カメスケの散歩を撮った動画の拡張子が「WMV」で「AviUtl」は、「WMV]を入力できないって・・・今度は「WMV」を「AVI」に変換するソフト探しに・・・コレは、意外とスムーズにできる・・・かと思いきや、それも結構難航。

色々調べてるうちに「AviUtl」にプラグインで「WMV」形式を入力できる事が判明。で、やっと動画を編集・・・完了・・・?

何か、まだ、画質レベルの調節が良く分からないのと、動画自体のクオリティーをもう少し直したいと言う欲求はあるものの、もう疲れた。しかも、オレが参考にしたサイトが古かったのか、YOUTUBEにあげる為には、最適な大きさは300×240ってあったのに、今はワイドになって425×344じゃね~かよ・・・もうでも良いや。直す気になれん・・・取り合えず、適当に音楽混ぜて・・・コレで良いじゃないか。オレはもう真っ白に燃え尽きたんだよ。バカやろう。

と言う事で、今日一日の成果。(↓)上記の理由により、画質がかなり悪くなっちゃったけど、カメスケの可愛さは分かってもらえると思う。あと、オレの頑張りも・・・



折角の休みにオレは一体何をやってたんだろう・・・

ふへ~

ただ、コレやり出したら結構面白い。MADとか作ってるヤツの気持ちがチョッとだけ分かった26の夜でした。

関連記事
スポンサーサイト
カメスケに愛されてますねwww
カゲキさんwwww
[ 2009/11/07 23:53 ] [ 編集 ]
>ふっきんさん
23年も一緒に住んでると、さすがにカメでも懐いてくれるみたいです。

頭を撫でると喜びますよ。
[ 2009/11/08 23:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。