FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2005年10月07日04:05

久しぶりに書いちゃえ~

 昨日の朝、彼女とチョッとした喧嘩(と言っても喧嘩と言えるかどうかわかんないくらいの言い争いだけど・・・)がありました。ほとんど喧嘩なんかした事も無かったんで、結構ショックだったんすよ。そんな中で、他に色々とヤナ事が重なって、一日中ひどく不機嫌だったんです。・・・今になってネタばらしすると。 彼女の方から「大丈夫?ごめんね」みたいなメールが来ても、自暴自棄になってて冷たくあしらったり。後で知ったん...
この記事を見てみる  ⇒
久しぶりに書いちゃえ~
2005年10月07日04:05      cat  :  気分
 昨日の朝、彼女とチョッとした喧嘩(と言っても喧嘩と言えるかどうかわかんないくらいの言い争いだけど・・・)がありました。ほとんど喧嘩なんかした事も無かったんで、結構ショックだったんすよ。そんな中で、他に色々とヤナ事が重なって、一日中ひどく不機嫌だったんです。・・・今になってネタばらしすると。

 彼女の方から「大丈夫?ごめんね」みたいなメールが来ても、自暴自棄になってて冷たくあしらったり。後で知ったんだけど、それがショックであんまり寝れなかったとか・・・しかも朝早くからオレの電話を待ってたんだって・・・でも、オレは電話もしなかった。結局相手から電話があって、「昨日の事で話がしたいから会いたい。」って言われた。正直乗り気じゃなかった。だって、何か今会ったら余計な事一杯言って、もっと傷付けてしまいそうな気がしたから。

 待ち合わせ場所から、オレが運転して一路海へ。オレがそこを話し合いの場所って決めたからだけど・・・運転中、あいつは一言だけ「つらかったね。」と言ってくれた。オレを攻めたりしなかった。海に到着。そこでもあんまり話をしなかったと思う。だって、今オレが何か言ったら、多分言葉に棘が有りそうだったから・・・んでもあいつは「よく頑張ったね。でも、もう無理しなくてもいいんだよ。お疲れ様」って言って膝枕してたオレの頭を抱いてくれた。オレは何か分からないけど涙が出てきて、んで、イライラしてたり、不機嫌だったりが涙と一緒にフニャフニャと抜けていくのが分かったんだよな~・・・確か。そして、唐突に分かっちゃったんですよ。ひたすらに突っ走ってきて、気が付いたら偉そうにふんぞり返って人に指図なんかしてたけど、それに何の意味もないんだって・・・人から頼られたりとかそんなんじゃなくて、オレに必要だったのは「よく頑張ったね。」って言う言葉だったんです。・・・多分。オレは、物凄く情けなくなってました。だって、傷ついてたのはオレだけじゃないし、寝てないのも、疲れてるのもオレだけじゃないのに、あいつはそれでも、オレの事ばっかり考えて、気遣って優しい言葉をかけてくれたのに・・・オレはなに?って。いやホントに。

 言葉には、何の意味もないって思う。必要以上の言葉は誤解を生んだり、傷つけあったりするだけだから。何時間電話で話す事より、一分間でも時間を共有して、んで、触れ合ってるほうが圧倒的に意味がある。電話で喧嘩腰になって、お互いに傷つきあって、へこみあったけど、それだって一緒に居たらどうでも良くなっていったし。一言だけ優しく言ってくれただけで、すくわれた気がしたし。んでも、オレはそんな事が出来なかった。あいつはきっとオレよりよっぽど人間が出来てるし、いいヤツだと思う。いやホントに。何か分かりにくいけど、絶対に勝てないって思ったもん。

 その後2人で、夕日を見ながら買ってきたコンビニ弁当を食べて、それから少し寝た。あいつは、「疲れたときに帰ってくる場所だって思ったらいいよ」みたいな事を別れ際に言ってたっけな?もう少しあいつの事を信じてみようって思った・・・そんな話です。ハイ。

 って事で、最愛の人と同じガラスの中・・・(↓)・・・・なんちって。
                        窓

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム