超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年09月27日02:00

絶望のコンシェルジュとクリピアス

万引きをした子どもの親が「万引きくらいで捕まえるな」と、店側にクレームを付けると言うケースが増えてるとか、どっかのニュースで読んだ。そう言えば、学校の成績が下がった事で、「こんな成績つけたの誰やぁ~」と学校に乗り込んできた「モンスターピアレント」(簡単に言うと、キチガイ)もいたも居たとか・・・日本の恥。その存在自体が恥ずかしい世代がこの世に2つ存在してるらしい。俗に言う「ゆとり」と「バブル」だ。「...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶望のコンシェルジュとクリピアス
2009年09月27日02:00      cat  :  気分
万引きをした子どもの親が「万引きくらいで捕まえるな」と、店側にクレームを付けると言うケースが増えてるとか、どっかのニュースで読んだ。

そう言えば、学校の成績が下がった事で、「こんな成績つけたの誰やぁ~」と学校に乗り込んできた「モンスターピアレント」(簡単に言うと、キチガイ)もいたも居たとか・・・

日本の恥。その存在自体が恥ずかしい世代がこの世に2つ存在してるらしい。俗に言う「ゆとり」と「バブル」だ。

「チャリをぱくりましたぁ~」って顔も本名も通っている学校すら明記してるMIXIで告白してたりや、自分のまんこの写真を撮ってお金を貰おうとしてたり、いつまで経っても大活躍の「ゆとり世代」。ゲームや一平ちゃんも記憶に新しい所。

そして、上記のキチガイ保護者が、もうひとつの恥世代「バブル」に当たるそうです。取り合えず、今の30後半から40代と、10代後半には、気をつけないといけないと思う今日この頃・・・

マァ、全員がそうとは言わないけれども、変なのがいるせいで、世代として見られるのはチョッと同情しないでもないけれども・・・(そもそも、本人達もなりたくてなった訳じゃなくて、国の政策やら、社会情勢やらがそうしたと言う見方をすれば、犠牲者でもあるわけだし・・)

ただ、それでも悲しいかな、あほな事して話題になってるのって、大抵がこの「ゆとり」と「バブル」なんだよな・・・

さてさて・・・

先日チョッと触れたFC2の新機能「ランキング」で、気が付けば、ジャンル内でトップ50に入ってた「超コツコツ日記」。コレもひとえに「まんこ」の力です。オレが、ブログで「ちんこ」ネタばっかり書いてたら、こうは行かなかったはずだ。まんこ万歳。皆でまんこ讃頌だ。

昨日の記事でもチョッと触れたけれども、「魔界塔士SA・GA」をやってます。もちろんGB版で。

このゲーム。実は初めてやったんだけど面白い・・・馬鹿みたいに難しいんだけど、それでも、面白い。画期的なシステムと世界観は、今のゲームでも到底勝てるはずがない・・・と思う。1MBの白黒ゲームだけど、キッと何GBも使ってるその辺のゲームより、よっぽど名作だ。

まずキャラクターによって、成長の方法が違う。アイテムを買う事で強くなる「人間」、ロマサガ・FF2と同じ形式(所謂「フリオニ方式」・・・と言うかは知らんけれども。)で強くなる「エスパー」、そして、倒した敵の肉を食べる事で変化していく「モンスター」。

「エスパー」は、覚えていく「エスパー技」がランダムに消えたり増えたりするもんだから、急激に強くなったり、急に補助系しか使えなくなえる。「モンスター」は食べた肉によって強いモンスターに変化したり、弱いモンスターも変化したりする。(ここは法則があるのかもしれないけど、まだ良く分からん。)何か知らんけど、細かい所で、博打性を感じてしまう。

なにより、世界がひとつの塔。と言う「バベルの塔」を髣髴とさせる世界観が素晴らしい。塔を上って行く中で、「創界山」の如く、各階層ごとに世界があって、そこにイベントがある。考えただけでも、何だかワクワクしてしまう。

今、まだ5階なんだけど、そもそも、この塔は一体何階あるのかさえも、まだ分かってない。

あとは、クリアーした時に名作だったと思えるかどうか。その評価は、もう少し後の話だとして、現時点ではかなり高得点なのは間違いない。

少し前にやってたファイナルファンタジーⅤと言い、まぢで90年代のスクエアはホント神懸ってると思う・・・

ファイナルダンタジーⅣ・Ⅴ・Ⅵにサガシリーズ、ロマサガシリーズ、ライブアライブ、半熟英雄、バハムートラグーンにクロノトリガー・・・どれも大名作ばっかりだ。

うぬぬぬぬ・・・・

え~と・・・腐の入った歴女さん方は、「へうげもの」を読んで、戦国武将の何たるかを勉強しなおせば良いと思う。

大名作でかけて見ました。

お後がよろしいようで・・・

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。