超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年09月10日15:27

ジミー・ペイジでは無いと言う事実

取り合えず元気になった。健康とは、かくも大切なものだ。って、病気になる度に言ってる気がする。再確認ってヤツだ。多分、それは良い事のはず。元気になったので、ギターでも爪弾いてみた。「捨倖醜貌女の死に様」の間奏ギターソロでも考えながら・・・。結果は、意外と良い感じのソロが出来たんでは無いでしょうか。と言った所。実は、最近ギターの「スケール」と言うものの存在を知った。何せギターの弾き方について、教則本すら...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジミー・ペイジでは無いと言う事実
2009年09月10日15:27      cat  :  気分
取り合えず元気になった。

健康とは、かくも大切なものだ。って、病気になる度に言ってる気がする。再確認ってヤツだ。多分、それは良い事のはず。

元気になったので、ギターでも爪弾いてみた。「捨倖醜貌女の死に様」の間奏ギターソロでも考えながら・・・。結果は、意外と良い感じのソロが出来たんでは無いでしょうか。と言った所。

実は、最近ギターの「スケール」と言うものの存在を知った。

何せギターの弾き方について、教則本すら見た事が無いと言う本当の意味での独学だったもので、未だにチョーキングと言われると「?」な悲惨な状態。(コードに関してだけは、ピアノをやってた関係上ある程度分かる・・・と思ってる。)

ところが、先日たまたまギターの音色の作り方のサイトを見てた時、そのサイトにおまけ的な感じで「スケール」についても書いてあったのを見かけた。少々気になって、この「スケール」について色々調べてみた・・・と言う感じの経緯です。大体、分かっていただけましたかな?何か、分かりにくい?知らん知らん。

で、この「スケール」。

スケール内の音を適当に並べれば、それとなくカッコいいギターソロが弾けると言う、オレからしたら「裏技」的な方法。しかも、基本のスケールさえ押さえとけば、あとは、コードの根音の部分を中心にスライドさせるだけで、全部のコードを網羅できると言うお手軽さ。(ギター奏法としては、基礎中の基礎・・・)

要は、曲のコード展開に併せてスライドさせた場所のスケールの音を良い感じに弾けば、それで、流麗なソロの出来上がりと言うわけだ。あとは、経験が有無を言うセンス的なものらしい・・・

早速練習。

おお・・・!!

ホントだ。それっぽいのが弾ける。

と言うか、バカにしてんのか?と言う位簡単だ。

皆ずるいなぁ~こんな楽な方法を知ってるなんてさぁ~・・・

ちなみに、結構まじめに作った(方の)「子守られの唄」の間奏のギターソロ。今になって振り返ってみると、ちゃんとスケール内の音で構成されてた。要するに、良い感じの作ろうとすると、どうしてもこの音の中から選ぶようになってしまうのね・・・だったら、最初からこの中の音を使っとけや。と言う事か・・・

また1つ賢くなった。

で、今日からは、就職試験のお勉強だ。

こんなご時世なので、オレのようなものでも一応頑張ってみる次第です。

ふおおおおおお・・・・・・

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。