超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年09月06日22:17

処女まんこ写真全集

耳の痛みでまともに文章なんて書けないので、何枚か写真でも載せておこう。弟に「そこまでして、毎日更新する事に意味があんの?」と聞かれたけど、そう言われると理由などない。強いて言えば1日の何かを残さなければ、心不安で押しつぶされそうになるんだって。共感できる人いるのか?だが、オレはお前らとは違うんです。・・・と言う訳で。(↓)昨日のリハの風景。懐かしの母校の体育館。う~ん。10年位前に、このステージで...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
処女まんこ写真全集
2009年09月06日22:17      cat  :  気分
耳の痛みでまともに文章なんて書けないので、何枚か写真でも載せておこう。弟に「そこまでして、毎日更新する事に意味があんの?」と聞かれたけど、そう言われると理由などない。強いて言えば1日の何かを残さなければ、心不安で押しつぶされそうになるんだって。

共感できる人いるのか?

だが、オレはお前らとは違うんです。

・・・と言う訳で。(↓)



演劇リハの話

昨日のリハの風景。懐かしの母校の体育館。う~ん。10年位前に、このステージでオレも演劇をやってたと思うと何だか感慨深いものだ。部長の子が急に泣き出したり、音響のBGMの準備が出来ていなかったり、色々ハプニングはあったけど、取り合えずうまくいった・・・んじゃないの?

オレが、あんまり元気が無いので、いつもみたいにウダウダ言うんじゃなくて、紙に書いてコレを注意したら良いよ・・・と言う感じにしか出来なかった。ゴメンよ・・・こんな時に、こんな病気で・・・

ただひとつ。オレが昔演じた「神様」の役柄。余りにもはじけてなかったので、そこについてだけチョッと頑張って細かく演技指導した。

台本は(オレの中では)全国的に有名な「ステファニー」だったんだけど、それを皆で現代風にアレンジしたものだったらしい。一番重要な「弁当食い女」が削られていたり、そもそも由美が生きてたり、雅行の妹の死ぬシーンが無かったりと、オレの好きなシーンはほとんど丸々カットされていて、作品としての完成度にはかなり不満が・・・もっと、本の書き方も教えてあげれば良かったなぁ~と。皆が一生懸命書いたものだから、あえて何も言わないでおいた分、今ココで愚痴っておこう。


青い切子のグラス

今愛用の青色の切子のグラス。「2」と同じ青色の切子のグラス。嫁とおそろいの「青色の切子のグラス」。ホントは、切子じゃないけど、オレの中では「青色の切子のグラス」。

大きくて、1杯で500ml以上入る。いっぱい水を飲むのが好きだから、凄いお気に入りのコップさん。

一生割れないでいて欲しいなぁ~


黒龍波

育ててた超巨大ひまわり「黒龍波」が開花。

結局オレの身長より大きくなった。花自体も凄いでかい。

来年の事も考えて、種を取る為に今も放置中。可愛いけど、バッタにいっぱい葉っぱとか花ビラを食べられてしまった・・・


窓ネコ

窓際でたたずむうにん。

逆行できれいに写ってないけども・・・



ソフトさきいか

目の前にあったソフトさきいか。

「皮むきしたイカのの胴部分をじんわり焼きほぐして裂きました。」



以上です。

結局、色々文章書いたなぁ~。ふしゅ~・・・

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。