超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年08月16日16:16

宇田に寄生して生きていく事久し

去年の怒涛な感じのお盆イベントとは違い、何だかジンワリと終わっていった感のある今年のお盆。とは言え、色々ありましたけれども・・・と言うか、部活動再開。アレ。去年のお話なんですね。去年のお盆には、弟と1週間ほどほぼ完徹で、演劇のドラマCDを編集していたのか・・・で、今年は「4千年王国」と「夜伽話」「シースルー」のレコーディングをしていた訳ですな。うむむむむむ・・・お盆の詳しいお話はまた後日として、取り合...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇田に寄生して生きていく事久し
2009年08月16日16:16      cat  :  気分
去年の怒涛な感じのお盆イベントとは違い、何だかジンワリと終わっていった感のある今年のお盆。

とは言え、色々ありましたけれども・・・

と言うか、部活動再開。アレ。去年のお話なんですね。去年のお盆には、弟と1週間ほどほぼ完徹で、演劇のドラマCDを編集していたのか・・・で、今年は「4千年王国」と「夜伽話」「シースルー」のレコーディングをしていた訳ですな。うむむむむむ・・・

お盆の詳しいお話はまた後日として、取り合えず最近のお仕事関係についてチョッとだけ。(お盆の話はまた色々と長くなりそうだし。)

最近基本的には、WEBデザイナーのパチモンみたいな仕事をしてます。詐欺じゃあありません。(多分)

売れるサイトとはコレ如何に!?

企業ホムペとはコレ如何に!?

アーティスティックなサイトとはコレ如何に!?

と、色々なデザインを勉強しつつ、取り合えずの所、HTMLやCSSをもう少し煮詰めて、それにFLASHをうまく使えるように(後、フォトショップも。イラストレーターは基本使っていないので。)頑張っている所。

企業サイトでは、オシャレでスッキリな感じを心がけてはいるものの、見易さだけではなく、ちゃんとその会社の伝えたい事、会社の活動自体もしっかりと表現しないといけない。実はコレが一番難しい形式だと思う。

去年作ったサイトは、先方さんがデザインしてくれたものを、作り直す形式だったけど、今はオレがデザインしてるから、責任も結構重大だったりする。出来たものを見て、「なんか一流企業で働いてる気分になれて嬉しい」と、チョッと複雑な感想を頂きました。・・・良いんだか悪いんだか・・・

売れるサイトでは、今、実際にネットショップを作ってそこで販売までしてる。

・・・あんまり売れていない・・・写真を多く使って、説明は完結、回遊率を上げるためにリンクを張りまくってチョッと見難くする・・・のが良いらしいけれども、オレはどうしても小ざっぱりとした、文字の説明が多いサイトを作ってしまう。

でも、少し前から「しっかり説明されていて、とても見やすいので好感が持てました」的なお言葉をいくつかお客さんからもらって、少しやる気にはなってきた。(相変わらず、売れてはいないけれども。)

最後に、アーティスティックなサイトの話。

コイツは、絶賛活動(停止)中の「シュレディンガーの猫」(って、「シュレディンガーの猫」の意味を知ってる人がどれほどいるのかはさて置いて・・・)さんのサイト。

何の材料も、コンテンツの指示も無いまま「好き勝手にやってくれ」と言われたので、本当に好き勝手にやったら、チョッと好評だったようでニヤニヤ。

やっぱり、何も考えずに自分のやりたいように作っていくのが一番楽しい。(当たり前だけれども・・・)でも、それでは仕事になんないし・・・

切り離しと諦めで生きていくんだ。

ジョー・・・(あごのヤツの方)

結構たんまり書いてしまったな・・・


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。