FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2009年08月12日14:56

古びてよれよれの帽子

世の中には色んな事があるようで、そのほとんどは実は大した事は無い。常にかわり行く世の中を「無常」と呼ぶそうです。改めて手塚治虫の「ブッダ」を読み、達観の極みへとまた一歩近づいてれば良いかなと思う次第。モノ作りに勤しむ毎日だ。取り合えず「夜伽話」と「4千年王国」のレコーディングはほぼ終了。後は、仮歌を入れてくろすけ様へお送りすれば、後は野となれ山となれ。思いのほか時間もかかったけれども、なかなか良い出来に...
この記事を見てみる  ⇒
古びてよれよれの帽子
2009年08月12日14:56      cat  :  気分
世の中には色んな事があるようで、そのほとんどは実は大した事は無い。

常にかわり行く世の中を「無常」と呼ぶそうです。

改めて手塚治虫の「ブッダ」を読み、達観の極みへとまた一歩近づいてれば良いかなと思う次第。

モノ作りに勤しむ毎日だ。

取り合えず「夜伽話」と「4千年王国」のレコーディングはほぼ終了。後は、仮歌を入れてくろすけ様へお送りすれば、後は野となれ山となれ。

思いのほか時間もかかったけれども、なかなか良い出来になったと思う。あくまでも自己満足の範囲内で。今回は、エフェクターに世界の名機を言われる「DS-1」を使ったりもしてみた。やっぱり音の厚みが違う。(とオレの耳では思う。)ひとえに、機材に頼った誤魔化しをそろそろ止めて、本格的に練習でもすれば良いのにと思いつつも、練習嫌いな上に、出来たものにあんまり不安が無いから始末が悪い。

マァ、そんな感じ。

取り合えず新作漫画「休日」は全ペン入れが終了。細かい修正とかベタ、最終確認など有りはすれども、大体の作業にめどが付いた。後は野となれ山となれだ。

絵柄を戻して描いては見たものの、前よりもやっぱり画力が落ちてるような気がしてならない。それを誤魔化すべく、いっぱい描き込んで行くと、やればやるほど元の絵よりダメになったりで、思うように行かなかったり。たかだか20ページ強とは言えども、そこはそれ。時間をかけて良いものを作りたいと言う欲求はにべにもならず。

マァ、そんな感じ。

冒頭でも触れたけれども、手塚治虫の「ブッダ」を読んだ。きっかけは、BSでやってた「手塚治虫特集」だったんだけれども、それで何かを読んでみたいと思って、目に入ったのが「ブッダ」だった。色々考えさせられる物語だ。コイツを読むと、なぜだか虫を殺す事さえたばかられる気持ちになる。ゼヒゼヒ、全世界規模で色んな人に読んでもらいたいものだ。それこそ、「聖書」なんかよりよっぽど平和な気持ちに慣れるのに・・・

そして、「ファイナルファンタジー5」もクリアーした。レベルの関係上、まだ「神竜」と「オメガ」を倒せていないので、実質的なアイテムコンプリートはまだながらも、そこはコレからチビチビとレベル上げをしながら、あとは野となれ山となれだ。

名作ゲームだったと思う。クリアー後の爽快感は実に良かった。ああ・・・ガラフ・・・

ただ、それでもオレの中での順位でまだ「グランディア」の方が上です。

今、弟が歴史的名作として名高い「ファイナルファンタジー7」と「グランディア」を続けてプレイしてみて、どっちが面白いかを比べている。大体感覚が似通ってるので、実に興味深い件だと思う。これで、「ファイナルファンタジー7」の方が面白いのであれば、改めてオレももう一度やってみたいなぁ~。

もうあと一息なので、もう少しモノ作りを頑張ってみよう。

ホムペ作りと「夕闇通り」も早くやりたいし。

マァ、後は野となれ山となれだ。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム