超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年07月24日02:44

エクアドル処女膜をぶち破る革命への言及より抜粋

・・・何か、口の中から虫を食べた時の臭いがする・・何でだろ?虫を食べた記憶など無いのに・・・数年前、急に口の中に飛び込んできたカメムシを噛み砕いてしまってから、時々口の中にこの臭いが広がる事がある。実際には、気のせいで脳がそう言う臭いを勝手にイメージしてるのかも知れないけれども・・・体の中でカメムシが繁殖していない事だけを祈る。少し前にアメリカで「処女」をオークションに出品した女子学生がニュースに...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エクアドル処女膜をぶち破る革命への言及より抜粋
2009年07月24日02:44      cat  :  気分
・・・何か、口の中から虫を食べた時の臭いがする・・何でだろ?虫を食べた記憶など無いのに・・・

数年前、急に口の中に飛び込んできたカメムシを噛み砕いてしまってから、時々口の中にこの臭いが広がる事がある。実際には、気のせいで脳がそう言う臭いを勝手にイメージしてるのかも知れないけれども・・・体の中でカメムシが繁殖していない事だけを祈る。

少し前にアメリカで「処女」をオークションに出品した女子学生がニュースになってたのは、何気に有名かも知れないけれども、最近それが結構当たり前になってきてる。

先日は、マジキチ変態シナチク女が「処女をあげる」権利をオークションに出品して150万の値が付いてたし、エクアドルでは、オークションにかけた「処女」に何と3億を超える値が付いて、国が動いたとかニュースになった。

最近ではAV業界でも「処女喪失」はひとつのジャンルとして確率しつつある・・・最初、産婦人科に行って、処女膜を確認してもらったりするヤツも結構あるんだから凄いもんだ。(やらせでなければ・・・)

ただひとつ。

果たして「処女」はそこまで価値があるのか・・・

好きでもない女の性遍歴になんか大して興味もないわけで、別に女が処女だろうが、誰とやってようがそんな事どうでも良いと思う。ついでに言えば、オレの場合、好きになった相手に対して、痛い事を強いるのが何となく嫌なもんで、下手したら付き合ってるのにノンセックス。と言う状況すら生まれかねないかも知れない・・・

反面矛盾しているようだけど、好きになった相手に処女性を求める感覚と言うのは、実の所分かる。

世の中には同じ女と寝た事のある男に対して使う「穴兄弟」と言う言葉があるらしい。(違うかったらゴメンなさい。)女の場合には「棒姉妹」とでも言うんだろうか・・・?

オレの場合、この「穴兄弟」に関しては、出来るだけ少ない方が良いとは思うわけで、そこに関係して処女性を求めるのは納得できると思う。「穴兄弟」が500人も居たら、さすがにゲンナリしてしまうのはオレだけだろうか?

とは言っても、そこは「好きになった相手が処女だったら良いなぁ~」程度の問題で、「相手が処女じゃなかったから別れる」と言う話でもない。そこの所は、そんなに重要ではない。大切な事は、相手がどんな人かだと思う。

不等号であらわせば 人柄>>>>>>>>>>>>>>>処女 だ。

ただ、オレと同様にもし男と言う生き物全てが「穴兄弟」の存在を歓迎しないのであれば、風俗に行くとして、どんだけの男とやったか知らないまんこよりは、まだ誰も触れてないまんこの方が嬉しいなぁ~・・・と言う男だって居るかも知れない。と言うか、いっぱい居ると思う。

3億円の値はなかなか付けないだろうけれども・・・

人それぞれ価値観はある。それでも、3億円はないって・・・

もひとつ言うなら、それを女側から(と言うか、自分から)「女の処女には価値があるのよ」と言わんばかりに、商品化している事自体どうかと思う。どんだけ自信過剰なのか・・・

そう言う粋がった女は、二度とバカな事を考えないようにいわっしゃげてやる。

いわっしゃげる。

・・・多分、香川の方言だと思う。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。