FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2006年02月07日01:43

「ホテルヨーロレイヒー」が「ホテルプラハ」になってた・・・

 「アンダルシアの犬」を遂に見た。 グミチョコマンガ版で、結構取り上げられてた20世紀初頭のシュールリアリズムの傑作。何でも、画家の「サルバトール・ダリ」の世界観を巨匠「ルイス・ブニュエル」が映像化したとか・・・まったく、興味ない人にはわからん話だねこりゃ。 ・・・で、内容。コレは、衝撃だね。基本は無声のシュールな映画。ただし、内容が難解。多分、理屈で見るんじゃなくて感覚で見ないと訳わかんないと思...
この記事を見てみる  ⇒
「ホテルヨーロレイヒー」が「ホテルプラハ」になってた・・・
2006年02月07日01:43      cat  :  TV
 「アンダルシアの犬」を遂に見た。

 グミチョコマンガ版で、結構取り上げられてた20世紀初頭のシュールリアリズムの傑作。何でも、画家の「サルバトール・ダリ」の世界観を巨匠「ルイス・ブニュエル」が映像化したとか・・・まったく、興味ない人にはわからん話だねこりゃ。

 ・・・で、内容。コレは、衝撃だね。基本は無声のシュールな映画。ただし、内容が難解。多分、理屈で見るんじゃなくて感覚で見ないと訳わかんないと思う。でも面白い。抜群に。んで、印象的なシーンがわんさかある。軽快なテンポと音楽にのせてはいるけれど、人間が目を通して見る映像の本当の恐怖を実にリアルに表現してるの。だから、最初から最後まで目が離せない感じ。有名な女の人の目をカミソリで切り裂くシーンはまぢで絶句もの。未だにあのシーンは頭の中に残ってる。恐怖。途轍もない恐怖。見てる間は、何も分からないけど、しばらくして思い出してみると凄い恐怖体験をしたんだって思い知らされる感じ。

 これ以上書いても訳わかんないと思うんで、もし興味があったら見てみてください。見たら、オレの言ってる事に「あぁ~」ってなると思うんで・・・多分・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム