超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年07月11日01:42

永訣のDEPARTURE

この話を書いてしまえば、それでオレはきっと「三沢光晴は死んだ」と言う事を認めてしまう。心のどこかでは、まだキッと三沢光晴は生きていて、いつかプロレス界に復帰するものだと思ってる。その気持ちを否定してしまう。そう思いつつ、訃報が届いてからの1ヶ月間。何とも、中途半端な感覚で過ごしてはきた・・・ように思う。正直、追悼式に出て、献花をすればそれで振り切れるように思ってた。・・・けれども、やっぱりまだ何と...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
永訣のDEPARTURE
2009年07月11日01:42      cat  :  気分
この話を書いてしまえば、それでオレはきっと「三沢光晴は死んだ」と言う事を認めてしまう。心のどこかでは、まだキッと三沢光晴は生きていて、いつかプロレス界に復帰するものだと思ってる。その気持ちを否定してしまう。そう思いつつ、訃報が届いてからの1ヶ月間。何とも、中途半端な感覚で過ごしてはきた・・・ように思う。

三0沢追悼_01

正直、追悼式に出て、献花をすればそれで振り切れるように思ってた。・・・けれども、やっぱりまだ何となく実感がわいていなかった。だって、映像の中や、ゲームの中では今まで通りの三沢光晴がそこに存在している訳で、実物を見た事が無いオレにとっては、コレまでの状況と何にも変わらないんだから・・・来年の1月4日。東京ドームにキッと現れる。そう信じてやまないけれども・・・

三沢光晴の追悼式に行って来た。

基本的に遠出が嫌いなオレだけれど、それでも今度ばかりは東京であっても行こうと決めた。

オレみたいな、実際に三沢を見た事が無いのに、こう言う式にだけ参加するようなヤツに対する非難もネット上では結構な割合で噴出している。とは言え、そんな似非野郎の言う事なんか1ミクロンも気にする事無く、この式に参加したヤツは、自信を持っていれば良いと思う。こっちがこの献花の為に使った交通費だけで、都内でダラダラしてるそんな輩が何回ディファに行けるんだ?って話。大体、自分の大好きな人の追悼式に沢山人が集まったんなら、それだけで嬉しいと思う。オレは。記念品をヤフオクに出品してるヤツに関しては、さすがに死ねば良いと思う事仕切りだけれども。ただマァ、そんなヤツは、元々どうでもいいし。大体、あの記念品だってそんなうんこマンが持ってるより本当のファンの手に渡るほうが、何だか望ましいようにさえ思えてくるし。

話を戻しましょう。

ブーと弟との3人。使い古された言葉で言えば珍道中。3人ともが、基本的に旅行など行かないから、どうやって計画を立てたら良いかさえも分かっていない。何にも、計画を立てずに、取り合えずホテルだけとって出発。

結論から言えば、うまく行った。適当にやっても何とかなるもんだ。と言うか、むしろ完璧。何か知らんけど、全てがうまく行った。

ホテルでの一夜。

弟が、追悼式の実況スレを見てみるとすでに、徹夜組もいるとの事。当初、豚野郎の「あんまり長い時間並びたくない」と言う意見を取り入れて、12時にディファ有明へ行く予定だったのを前倒しにして、9時チェックアウトの9時半着に変更する事に。

もしかしたら、オレ達は三沢光晴を舐めていたのかもしれない・・・ついでに、当日どっかの花屋で買って行こうと思ってた花束も、もしかしたら買えないかも知れない。そしたら、献花式にも参加できない。色々と不安になりつつも、その日の夜は床に就いた。

翌朝、朝一に昨日の実況スレを見ると、朝の8時から新日本プロレスの永田が駐車場で待っているとあった。さすがの永田裕志。男過ぎると関心しつつも、関係者でさえこんな朝早くから並んでいる現状に焦り始めた。急いで会場に行くためにタクシーを使うことと、近くの花屋さんに予約して三沢光晴献花用花束を作ってもらう事を決めて電話。花束は大丈夫。間に合った。タクシーも、丁度ホテル前のタクシーを拾えた。

三沢追悼_03

で・・・実際に、ディファについてみると・・・

人が殆ど居ない。多分100人も居ない。

・・・?なんでだろう?三沢光晴って、オレが思ってる以上にマイナーな存在なの?などなど・・・不思議に思いながら、花屋さんへ花束を取りに行く。戻ってくるまで20分弱。戻ってくると、人の数は、倍以上に増えてた。

急いで並んだのが10時前。開式の4時間前だ。

そうやって、初めて落ち着いて眺めたディファ有明。

まさか「ノアの聖地」として、有名なこの場所に興行じゃなくて、こんな形で来る事になるなんて・・・何だかオレが、この「ノアの聖地」に来ている事自体が、夢のような不思議な感覚。

まだ疎らだった人は、11時辺りを境にどんどんと増え始める。考えてみれば、三沢のファンなんて殆どが普通なプロレス好きなんだから、徹夜組とか数で単純にはかれる筈も無かった。どんどんどんどんどんどん「最後尾」の看板は見えなくなっていく・・・三沢追悼_04

気が付けば、列は道路にはみ出していた。

オレ達は、ブーの買ってきた三沢追悼号の新聞を読みながら、三沢についての思い出を語ってた。気が付けば、それはそこかしこ。おおよそ並んでるほぼ全員が同じような状況。皆、本当にファンみたいだ。

12時過ぎ。もう、最後尾なんか見えない。

三沢追悼_02

花束は、三沢光晴をイメージしてか、緑色の包装紙に白い花が入っている。


12時半辺りから、どんどんプロレス関係者(と言うか、プロレスラー)が訪れ始めた。長州力、佐々木健介夫妻、曙、天山、蝶野、中邑・・・

並び始めてから、4時間半経った2時半頃。やっとこさ、一般人の献花が始まった。もう一体どの位の人数が来ているのか分からない。オレ達はどうやら、随分と早くに並び始めた方だったみたい。前には200人位しか並んでいない。キッと後ろには、5000人位並んでいるんだろう。

オレの番はすぐにやって来た。

館内は撮影禁止(それでも皆写真撮ってたけど)なので、ココからは写真なしで。

厳かな会場は、想像以上に狭かった。この狭い会場で試合なんか見れたら、どれだけ興奮するんだろう・・・でも、もうこの会場で三沢光晴の試合は見れないけれども・・・静かに流れる「スパルタンX」。すすり泣くファン。この雰囲気だけでも目頭が熱くなってしまう。

大きな三沢の写真の下にノアのマットが置いてあって、そこに花を献花していく。オレも花束を置いて、静かに目を閉じて手を合わせた。コレまでの感謝と、安らかにと言う言葉を・・・と思っていたけれども、実際その場で手を合わした時、何にも考えられなくなった。ただ、ボーっとしてた。感謝でも悲しみでもなくて、ただ、何にも考えられない状態。

出口付近にいた小橋筆頭に、ノアの選手の皆さんに一礼をしてその場を後にした。リングの上での、強い小橋健太しか知らないオレにとって、沈痛な表情でただ頭を下げる小橋の姿にまた少し悲しくなってしまった。ここに来て、三沢小橋の熱戦の数々が頭の中をよぎった。

もうあんな試合を見る事は出来ない。

帰りに、記念品のTシャツとカードをもらった。弟とブート3人で「家宝にしよう」とか話しながら帰ろうとして道を出た。で、初めて知った。

人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

知らない間に信じられない程の人の列が。

最後尾まで行ってみようと言う事で、3人で列の横を歩いて駅まで行く事に。三沢追悼_05

会場を出て20分ほど経った所で、振り返って写真を撮ってみた。凄い人の列だ。

結局、最後尾まで小1時間かかった。しかも、オレの歩く速度と同じくらいの速度で、最後部が延びていく。次々と人が集まっていく。オレが最後尾にたどり着いた段階で、8000人強の人が並んでいた。予定の5000人なんか余裕で過ぎたようだ。

と言うか、最終的には2万6000人来たというのだから、あの後約2万人が列に並んだ事になる。

それだけでも、三沢光晴と言うレスラーがどれだけ偉大だったか。このプロレス退廃の時期に・・・奇跡を目の当たりにしたと言っても過言じゃあないと思う。

そして帰ってきた。

でも、まだ三沢光晴と言う人間がこの世に居ないと言う事を実感できていない。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。