FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2009年07月09日18:26

ダンブル言語でのみ書かれた叙事詩について

ちょいとそこ行くお嬢さん。今日本で一番熱いブログですよ。何はともかくご紹介。「ぼっとん」的日記コレで、約束は守った。で・・・「ウルフルズ」解散・・・だって。好きだったのに・・・と言うショックと、あいつ等は嘘つきだ。と言う憤りな気持ちが同居してる。そんな感じ。好きな歌もいっぱいあった。勇気付けられたりもした。「ええねん」と「笑えれば」は今でも、辛い事とかあったらアホほどエンドレスで聴いたりする。泣い...
この記事を見てみる  ⇒
ダンブル言語でのみ書かれた叙事詩について
2009年07月09日18:26      cat  :  気分
ちょいとそこ行くお嬢さん。今日本で一番熱いブログですよ。何はともかくご紹介。

「ぼっとん」的日記

コレで、約束は守った。

で・・・

「ウルフルズ」解散・・・だって。

好きだったのに・・・と言うショックと、あいつ等は嘘つきだ。と言う憤りな気持ちが同居してる。そんな感じ。好きな歌もいっぱいあった。勇気付けられたりもした。「ええねん」と「笑えれば」は今でも、辛い事とかあったらアホほどエンドレスで聴いたりする。泣いて、元気付けられて、また頑張ろうって、そんな気持ちになる。

人間なんて所詮闇だ。と、頑なに信じる中で、そうでも無いかも・・・と言う、一筋の光明を見た気さえしてた。でも、その発光元も、闇の塊だった。そんな感じ。・・・いまいちうまく言えんけれども。

「筋肉少女帯」が解散しても、「犬神サーカス団」が解散しても、「真心ブラザーズ」が解散しても何か納得が出来る。でも、「ウルフルズ」は解散しちゃあダメだろ。そう言う歌を歌ってきてたじゃあないか。こうなってしまっては、この人らの言ってる事はしょせん上っ面だけのものだったんだ。と思うしかないじゃないか。

加えて、トータス松本の「1人の方が気楽」発言や、解散の経緯を書いたブログでの「我が我が」な言動など、げんなりげんなり・・・

「ええねん」での感動を返せ。

嘘つき。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム