超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年05月08日04:18

ただ生きて ただ死ぬ人

1日にやるべき事を自分の中で決めて、自己管理しないとクソ廃人になってしまいそうで怖い・・・ただ無為に1日が終わらないように。ココ暫くのキーワードは、自己管理で行って見よう。麻生さんが「子どもを育てる事で義務を果たした」と言う発言をして、叩かれていた。・・・???????????????それは、義務を果たした事になるだろう?一体どこに叩かれる要素があったのか、甚だ疑問。別に、子どもを産めない体である...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただ生きて ただ死ぬ人
2009年05月08日04:18      cat  :  気分
1日にやるべき事を自分の中で決めて、自己管理しないとクソ廃人になってしまいそうで怖い・・・ただ無為に1日が終わらないように。ココ暫くのキーワードは、自己管理で行って見よう。

麻生さんが「子どもを育てる事で義務を果たした」と言う発言をして、叩かれていた。

・・・???????????????

それは、義務を果たした事になるだろう?一体どこに叩かれる要素があったのか、甚だ疑問。

別に、子どもを産めない体である人を非難してる訳じゃあない。でも、子どもを育てるってのは義務だと思う。それも、人間としてとか、大人としてとか、そんなレベルじゃあなくて生物としての義務。そもそも国民の3大義務のひとつである「教育の義務」ってのは、そういう意味も含まれるんじゃないの?

なぜ非難される必要があるのか・・・

結婚する事、子どもを作る事さえも個人の自由であって、それをしない事に対してとやかく言う事は出来ないと言うのなら、それ自体が大きく違うような気がする。

子どもを産み育てる事がすばらしいとは思わないし、子どもを生まない事を美徳だとは思わない。

ただそれでも、この世に行き歳生きてる全ての生物で子どもを育てると言う行為を拒絶したり、その事を賞賛したために非難する生物は人間以外に居ない。

この世に生きる生物としての本質とは一体何か?

それはなかなか面白いテーマだと思う。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。