FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2009年04月30日10:46

散文詩とネコ

うまくは言えないかも知れない事。それは承知の上で、ツラツラと書いてみる。オーケンの本の中でも特に大好きな一冊。「リンダリンダラバーソール」コレまで何度読んで、何度泣いた事か。そいつの文庫本を見つけたので、意味も無く買ってきた。単行本だとやっぱり気軽に持ち歩いて、読んだり出来ないものだから、持っていても、文庫本を見つけると、出来るだけ買うようにしている。お布施です。特に、大好きな本なら言わずもがなだ...
この記事を見てみる  ⇒
散文詩とネコ
2009年04月30日10:46      cat  :  気分
うまくは言えないかも知れない事。それは承知の上で、ツラツラと書いてみる。

オーケンの本の中でも特に大好きな一冊。「リンダリンダラバーソール」コレまで何度読んで、何度泣いた事か。そいつの文庫本を見つけたので、意味も無く買ってきた。

単行本だとやっぱり気軽に持ち歩いて、読んだり出来ないものだから、持っていても、文庫本を見つけると、出来るだけ買うようにしている。お布施です。特に、大好きな本なら言わずもがなだ。

この「リンダリンダラバーソール」の中でも特に好きなのは「池田貴族」の話。

「池田貴族」・・・

正直、筋少にはまる前のオーケン位にしか記憶が無い。目の傷の入った人=大槻ケンヂ。赤い派手な服着た変な人=池田貴族。位なものだ。

実は、「リンダリンダラバーソール」読むまではもう死んだ人だったって事も知らなかった。

芸能界で生き残るために、悪く言えば節操なく何でもやった汚れミュージシャン池田貴族。でも、実際に、ガンでもう生きられないと分かった後には、本当の自分を探すかのように歌う事に執着していた。それも異常なほどに・・・

ココでいつもオーバーラップするのは、オレがもう死んでしまうとすれば・・・と言う話。一体オレは、最後に何をしたいと思うだろうか?誰と一緒にいたいと思うだろうか?

深く深くドコまでも考え込んでしまう。

池田貴族の最後の遺作「MIYUU」を聴いてみたいな。ガンと宣告されてから産まれた愛娘の「美夕ちゃん」から付けられたタイトル。

「どうしても娘が3歳になるまでは生きなければいけない。3歳になれば、覚えていてくれる」とよく言っていたらしい。

「娘のために死ねない、どうしても小学校の授業参観に行きたいんだ」が最期の言葉だそうです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム