超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年04月28日22:11

一望の砂浜にて・・

スゴく辛いことがあると、昔から海に行ってた。波の音がそれはそれは心地好くて、それだけで何だか救われたような気持ちになる。よく海に行ってた頃には、その海でたくさんの物語を作ったり、曲を書いたりした。アルバム「ウミィマミィ」もそうだし、演劇の「海の底とまぶたのない魚」もそうだな。海に飛込んで自殺しようともした・・・夜、沢山の水の近くに行くと魂を抜かれると、古来から日本では言われてきた。・・・らしい。夕...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一望の砂浜にて・・
2009年04月28日22:11      cat  :  気分
スゴく辛いことがあると、昔から海に行ってた。

波の音がそれはそれは心地好くて、それだけで何だか救われたような気持ちになる。よく海に行ってた頃には、その海でたくさんの物語を作ったり、曲を書いたりした。アルバム「ウミィマミィ」もそうだし、演劇の「海の底とまぶたのない魚」もそうだな。海に飛込んで自殺しようともした・・・

夜、沢山の水の近くに行くと魂を抜かれると、古来から日本では言われてきた。・・・らしい。夕闇の浜辺では、正気を保てなくなるのだろうか?

繰り返される波の音を聞くうちに、やさぐれた心持ちがいつの間にか落ち着いてしまうオレにとって、では果たして正気とは何なんだろう・・・

疲れ果てて、静かに佇む浜辺では、静かにいつ終わるでもない波の音が永遠に聞こえてくる。何も見えなくていい。音を聞けば、それだけで何だか大きな存在が分かってしまう。

不意に見付けた、瀬戸大橋を一望できる小さな砂浜。いつか、嫁と二人で来よう。そして、何とは無しにたわいも無い話をしよう。先日書いた「3年後のお葬式」と言う曲に出てくる、キレイな砂浜。そのイメージがかっちりはまる場所を偶然に発見してしまった訳だ。

素敵な場所はいつの時も海の近くか、海の見える高台だったな・・・

キッとこれで良かったんだ。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。