超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年04月01日22:44

5デノナルーフルリプイエ

愛の形は、十人十色。千人いれば千個の形があって然るべきと言う事を必ず忘れないで下さい。オレには、周りからは決して認められる事のない大切な人がいます。名前を美幸と言いました。オレと美幸は出会う度に、お互いの排泄物をお互いの体に塗り合い、そして食べ合いました。喉が乾けば飲尿で喉を潤し、空腹を感じれば食糞で胃を満たしました。そうする事で、オレと美幸は一つになる事が出来るのです。いや、そうする事でしか一つ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5デノナルーフルリプイエ
2009年04月01日22:44      cat  :  気分
愛の形は、十人十色。千人いれば千個の形があって然るべきと言う事を必ず忘れないで下さい。

オレには、周りからは決して認められる事のない大切な人がいます。名前を美幸と言いました。

オレと美幸は出会う度に、お互いの排泄物をお互いの体に塗り合い、そして食べ合いました。喉が乾けば飲尿で喉を潤し、空腹を感じれば食糞で胃を満たしました。

そうする事で、オレと美幸は一つになる事が出来るのです。いや、そうする事でしか一つになる事は出来ませんでした。どれだけセックスを重ねても、心のどこかには、埋まる事の無い大きな大きな穴が、ポッカリとあいていたのです。オレと美幸は、お互いに一つになりたいと言う強い、そして満たされない願望の前に、ただ泣きくれました。

今ではそれはありません。

美幸の体内を通り生成された物質をオレの体内に取り入れる事で感じる一体感は、セックスのそれとは比べる事など出来ません。美幸の体内を構成する液体や物質を少しでも多く、オレの体内に取り入れたい。ただ、その欲求に従順に生きています。美幸の体液の味は全て覚えています。唾液も涙も鼻水も愛液も、吐捨物でさえも・・・

誰にも認められないまま、美幸との関係は5年が過ぎました。数えきれない非難を受け、さげすまれ、侮別されました。それでも、オレと美幸は、今も愛し合っています。お互いの排泄物を飲み込んだ後の、吐捨物をワイングラスに入れ、世界一美しいディナーをいそしみます。

もう誰の理解も求めてなどいません。

ただ、そう言う愛の形もあるのだと言う事を知って下さい。そうして、考えてください。なぜ、ただ二人愛し合っているだけで、非難されるのか・・・人間とは愛の形さえも、形概化してしまう生き物なのか・・・

何度でも言います。

オレと美幸はただ愛し合っているだけです。

愛し合う事を形だけで非難する全ての俗世間に対して、オレは何度でも声高に叫びます。

オレと美幸はただ愛し合っているだけです。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。