超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年04月01日22:14

告白の2乗をあなたに捧げよう

嫁の事をそれはそれは大切に考えている。大好きだ。そこに関しては、この世界の全ての生き物に対して負ける気がしない。と言うか余裕で勝ってる。勝負にもならない。でも、これが「永遠に彼女を愛します」と言う表現になると、とたんにヘドが出るような嫌な気分になる。オレは、アイツの事を世界一愛してはいないと思う。そこには、ひとえにニュアンスの違いでは絶対的にくくる事の出来ない圧倒的な溝が存在する。日本人の言う「愛...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
告白の2乗をあなたに捧げよう
2009年04月01日22:14      cat  :  気分
嫁の事をそれはそれは大切に考えている。大好きだ。そこに関しては、この世界の全ての生き物に対して負ける気がしない。と言うか余裕で勝ってる。勝負にもならない。

でも、これが「永遠に彼女を愛します」と言う表現になると、とたんにヘドが出るような嫌な気分になる。オレは、アイツの事を世界一愛してはいないと思う。そこには、ひとえにニュアンスの違いでは絶対的にくくる事の出来ない圧倒的な溝が存在する。

日本人の言う「愛している」がどう頑張っても、嘘臭く聞こえてしまう。もっと言えば、絶対に愛してなどいないと思う。

オレには分からない感覚。

愛ってビックリする位嫌な響きだ。

「愛」って言葉を連呼するヤツは、きっと相手に対する気持ちと真剣に向き合ってないまま、取り敢えずで取り繕ってるに決まっている。真剣に向き合えば、向き合うほど、「愛」なんて言葉は不愉快になりますよと声高に叫びたい。

たまたま最近の邦楽聞いててふと思った事。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。