超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年03月27日22:43

いたたまれなくて泣いてしまう

「夢を覗き見れば、夢は夢でなくなる」と言う仮定を検証してみよう。まず、この場合の夢が、寝てる時に見る夢だと言う大前提を提示する。将来の夢とかとは違うって事だ。覗き見ると言う事は、意図して見ると言う事。冷静に考えて、夢は意図的に見るものではなく、偶発的に見せられるものであるから、冒頭の「夢を覗き見れば、夢は夢でなくなる」と言う仮定が成り立つ。だだしそれで終われないのは、実は夢を作り出しているのが、自...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いたたまれなくて泣いてしまう
2009年03月27日22:43      cat  :  気分
「夢を覗き見れば、夢は夢でなくなる」と言う仮定を検証してみよう。

まず、この場合の夢が、寝てる時に見る夢だと言う大前提を提示する。将来の夢とかとは違うって事だ。

覗き見ると言う事は、意図して見ると言う事。冷静に考えて、夢は意図的に見るものではなく、偶発的に見せられるものであるから、冒頭の「夢を覗き見れば、夢は夢でなくなる」と言う仮定が成り立つ。だだしそれで終われないのは、実は夢を作り出しているのが、自身の脳であると言う点だと思う。

では、夢を作り出すためのソースは一体なんなのか?言ってみれば、脳内にあるイメージや過去の体験、理想・妄想だ。そう言う意味では、夢は、見せられているはずなのに、自分で見せている事になる。自分で見せているものを見せられていると言うこの不思議な感覚こそが、夢の醍醐味である事は余地のない話だ。覗き見れば、それはもう夢ではなくなるが、それを見せているのもまた、自分自身であると言う究極の自己完結型の妄想。それが夢だ。

今夜も夢を見る。

頭で妄想する。

自己完結の面白さを検証する結果となってしまった。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。