超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年03月02日21:22

採掘現場より生・マラ・マナ・マメ中継

新しい絵柄でマンガを描いてみたい・・・そんな試みをしてる。色々落書きを書くのが好き。で、その落書きな絵柄でマンガを描けないかと・・・そんな事を考えてみたんですよ。発端は、ネームで適当に描き殴った絵が何とも良い味を出してる事に気が付いた事に始まります。一生懸命時間をかけて、丁寧に書き込んだって1分で適当に描いた絵の方が、味がある。だったら、ネームとかでやってる絵柄で、ちゃんとした作品は作れないものか...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
採掘現場より生・マラ・マナ・マメ中継
2009年03月02日21:22      cat  :  気分
新しい絵柄でマンガを描いてみたい・・・そんな試みをしてる。

色々落書きを書くのが好き。で、その落書きな絵柄でマンガを描けないかと・・・そんな事を考えてみたんですよ。発端は、ネームで適当に描き殴った絵が何とも良い味を出してる事に気が付いた事に始まります。一生懸命時間をかけて、丁寧に書き込んだって1分で適当に描いた絵の方が、味がある。だったら、ネームとかでやってる絵柄で、ちゃんとした作品は作れないものかと・・・

昔描いた絵だけれども・・・こんなノリの絵柄ですよね(↓)

多い日も安心

コレが物凄く難しい・・・

正直、同じ絵なんか二度と描けない訳で、その段階でマンガとして成立しない。

むむむ・・・

取り合えず、1本描ききってみる。

タイトルは、「口頭無形」。

実は、描き方でも新しい試みをしてる。

コレまでは、簡単なマンガ(ココで言うネーム)をまず描いてから、原稿用紙に書いてたんだけれども、演劇の脚本形式の方が、何か物語り作りがやりやすい様な気がしたもんで、今回は、まず演劇の脚本を書いて、それをコマ割りに振って、ネームを作ってみてる。

こうすれば、会話だけですでに物語が成り立ってる訳だから、演出によってクオリティーが上がるだけなのでは・・・と、簡単に物事を考えている次第です。

むむむ・・・

何しか、面白い物を作るって難しいなぁ~。

その脚本のタイトルは「口頭無形」です。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。