FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2006年01月18日22:42

ゴミの中で見つけちゃったゴミじゃないものは、それでもいつかゴミになるのだろう

 般若心経。読んだ事ある奴はいるんだろうか?オレは読んだ。始めは読まされた。強制的に。でもその結果、自主的に本を買う事になった。それは「生きて死ぬ智慧」と言う本。具体的に言えば、般若心経を現代語訳してくれているありがた~い本だ。税込み1200円くらいだから、最近の聞くに堪えないシングルCDを一枚買うくらいなら、この本を買って読んでほしいと思ったりもしてしまう。 「バカの壁」を書いた「養老猛」(だっ...
この記事を見てみる  ⇒
ゴミの中で見つけちゃったゴミじゃないものは、それでもいつかゴミになるのだろう
2006年01月18日22:42      cat  :  遊び
 般若心経。読んだ事ある奴はいるんだろうか?オレは読んだ。始めは読まされた。強制的に。でもその結果、自主的に本を買う事になった。それは「生きて死ぬ智慧」と言う本。具体的に言えば、般若心経を現代語訳してくれているありがた~い本だ。税込み1200円くらいだから、最近の聞くに堪えないシングルCDを一枚買うくらいなら、この本を買って読んでほしいと思ったりもしてしまう。

 「バカの壁」を書いた「養老猛」(だっけ?)とか言う人がいう言葉に、「古典は自分を映し出すもの」ってのがあるんだって。例えば「方丈記」って言う古典がある。オレも高校の頃にしっかり暗記させられた奴だ。「行く川の流れは絶えずして、しかも元の川にあらず」って奴。聞いた事ないっすか?人間の体は全て、一年で新しくなってしまうんだって。一年前のオレと今のオレとじゃあ、魂は一緒だけど、肉体はまったく違うのもらしい。常にドンドコ細胞は新しくなっていって、1年経ったら1つとして同じ細胞が無いんだとか・・・正に、「方丈記」の心理そのものじゃね~か!!現代医学によって、やっと「鴨長明」の言いたい事は立証されたって事ですな。

 んで、般若心経。これは、「ゼロ」の考え方が投影されてるんだって。「ゼロ」って観念がインド(仏教発祥の国)で生まれたってのを聞いた事がある。「ゼロ」って言う数字は、それ単体では「ゼロ」・・・つまり、「無いもの」だけど、0・1・2・3・・・と集まれば、数字として「有るもの」になる。

「現象と言うものは
 時々変化するものであって
 変化しない実体というものはありません
 実体がないからこそ 形を作れるのです
 実体がなくて 変化するからこそ
 物質である事が出来るのです」

 マァ、さっきの常に新しくなり続ける細胞の話にも通ずる所があるけど、これが所謂「色即是空 空即是色」って言うお経の日本語訳ですわ。

 元々般若心経は、ブッダ(ゴータマ・シッダールダ)が言った言葉をまとめた8000巻にも及ぶ経典から、いいとこ取りして作った最も短いお経の事で、その分内容が濃いんですよ。この上記の内容・・・3000年位前の人の言葉なんだよ。鴨長明なんてせいぜい数百年だよ。(それでも凄いと思うけど・・・)そう考えると、「お経~」って敬遠してる若人さん方。読んで見てもいいんでないの?ただし、翻訳の方をネ。原文見たって、日本人にはパッパラパ~な内容なんで。

 関係ないけど、明日から彼女と旅行だ~♪

 って事でまた3日ほどお休みします。m(__)m
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム