超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年12月28日02:39

年の瀬にぴったりのステキなお話(嘘)

肩こりの恐怖と言うものがある。・・・と知ったのは、つい最近の事。実は、オレは尋常じゃない位の肩こりらしい。嫁がそう教えてくれるまで、オレは肩こりと無縁な人生を生きるものだと確信していた。いや、知らなかったんですよ。普通の人は、しょっ中目の前がグルグル回りださない事も、チョッと位頭を心臓より下にしたって割れるような頭痛にはならない事も、不意に視界の上半分が白くならない事も、肩を触られるだけでは激痛が...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年の瀬にぴったりのステキなお話(嘘)
2008年12月28日02:39      cat  :  気分
肩こりの恐怖と言うものがある。

・・・と知ったのは、つい最近の事。

実は、オレは尋常じゃない位の肩こりらしい。嫁がそう教えてくれるまで、オレは肩こりと無縁な人生を生きるものだと確信していた。

いや、知らなかったんですよ。普通の人は、しょっ中目の前がグルグル回りださない事も、チョッと位頭を心臓より下にしたって割れるような頭痛にはならない事も、不意に視界の上半分が白くならない事も、肩を触られるだけでは激痛が走らない事も、雨の日でも死ぬほど頭が痛くないことも、そして肩がこんもり盛り上がったりしないと言う事も・・・

どの位こってたかと言うと、小1時間オラ揉み(泣こうが喚こうが容赦せずにゴリゴリと肩を揉む拷問の事)を決行した後で、人から「あなたの肩はこり性ね。物凄く硬くなってるじゃない!!大丈夫?気分悪くならない?」と言われたマックスに肩をこってる時の嫁と同じくらいの硬さ。

って言うか、この「人から引かれる位肩がこってる嫁と同程度」位まで肩こりが解消された時でさえ、思わず射精してしまいそうな目くるめく快感ですよ・・・如何にオレは普段有り得ない肩こりの中で生きているのかとビックリする。

本当に肩こりとは無縁な人とは、どこまで爽快な人生を歩んでいるんだろう。精子をどれだけ作ったって間に合わない。あまりの快感で逝きっ放しの事だろう。オレは、オナニーしないと逝けないと言うのに・・・(セックスも可。むしろ歓迎。)

つい先日、何か赤色が柘榴の身みたいに、ドドメ色に見え出して「あ~ついにココまで視力が落ちたか・・・」と思ってたら、肩揉みしたら綺麗な赤色に見えた。

つい先日、風邪も引いていないのに、のどがやたらと痛くてクラクラしてたのも、肩揉みをすれば元気になった。

肩こりは、色々な弊害を持ってくるようだ。そう言えば、小渕さんが死んだのも肩こりが原因だったような・・・

苦しみは個人差があって、そこの所は単純に数値化できない。オレにとっては当たり前の肩こりは、尋常じゃなく肩がこってる状態の嫁よりもこってる状態だったと言う事みたい。

肩こり怖い。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。