超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年12月27日16:04

絵画的表現の何たるかをそこはかとなく書き綴る事など到底出来もしないのです。

クリスマスに、嫁にもらった1枚の油絵があります。小さな青い花が1輪だけ描かれた油絵です。黄色味がかった淡いこの絵は、オレの事をイメージして描いたものだそうで、オレの知らない間にいつの間にか秘密裏に描いていたようです。何か色んな技法を駆使してるとか・・・残念ながら、油絵の事なんかさっぱり分からないので、それが凄い事なのか、大変な事なのか、さっぱり分からない。ただ、1個だけ言える事は・・・何だか知らん...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絵画的表現の何たるかをそこはかとなく書き綴る事など到底出来もしないのです。
2008年12月27日16:04      cat  :  気分
クリスマスに、嫁にもらった1枚の油絵があります。

小さな青い花が1輪だけ描かれた油絵です。

黄色味がかった淡いこの絵は、オレの事をイメージして描いたものだそうで、オレの知らない間にいつの間にか秘密裏に描いていたようです。

何か色んな技法を駆使してるとか・・・残念ながら、油絵の事なんかさっぱり分からないので、それが凄い事なのか、大変な事なのか、さっぱり分からない。

ただ、1個だけ言える事は・・・

何だか知らんけど見てしまう。って事。

パソコンのモニターの横に直置きしてるんだけれども、何となくしょっ中見入ってしまう。何か気になる。何となく見てしまう。そして、何となく見られてる様な気がする。この感覚、ベッドの横にある植種台(と言うか、主に千田)から感じるものによく似ている。あっちは、生きてるからこの感覚なのだとすれば、この絵も同じく生きてるのかも知れない。そう思ってしまうような力がある。

時間をかければかける程、この絵の魅力が分かってくる。

そばに置けば置く程、この絵の魅力が分かってくる。

素晴らしいものを貰ってしまったです・・・

でも、この絵の画像は載せない。

コレはオレだけの絵だから。

う~む・・・

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。