超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年12月16日22:34

雌豚奴隷訓恥図から抜粋

「Harris Interactive」って言う機関が調査した、一般的生活におけるインターネットへの依存度の調査。その結果、セックスを控えてでもインターネットを利用すると答えた人が過半数を超えたそうです。セックス以外にも、選択し示したんだろうか。調査の仕方か、取り上げ方かに問題があるような・・・とは思うものの・・・何しかセックスしようや・・・ネット面白いけど、セックスが負けてしまうなんて、そんな人間、何だかやだ。よ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雌豚奴隷訓恥図から抜粋
2008年12月16日22:34      cat  :  植物園
「Harris Interactive」って言う機関が調査した、一般的生活におけるインターネットへの依存度の調査。その結果、セックスを控えてでもインターネットを利用すると答えた人が過半数を超えたそうです。セックス以外にも、選択し示したんだろうか。調査の仕方か、取り上げ方かに問題があるような・・・

とは思うものの・・・何しかセックスしようや・・・

ネット面白いけど、セックスが負けてしまうなんて、そんな人間、何だかやだ。よく分からん調査だな。

マァいいや。植種台に新しい仲間が増えた。嫁が、恐ろしく可愛い仲間を見つけてきたんだって。以下、紹介(↓)




シリブリティー

名前は「御尻鰤男」。略して、シリブリティー。何か、顕微鏡で見た病原菌みたいなコイツ。植物なのか何なのかよく分からないけれども、取り合えず水をかけてしばらく眺めてみた。・・・?????取り合えずキモイ。生存してる意図が良く分からない。大体植物としてあるべき姿を1ミクロンも留めていない。「ブニ男」見た時にも、何じゃコイツ?ってなったけど、「ブニ男」は一応植物としての形態を保ってたはずなのに・・・これから、どう成長していくのか楽しみですな。




タコ

「タコノキ」と言う、熱帯系の植物らしい・・・水もほとんどいらず、取り合えず温度さえ低すぎなければ、飼育は簡単らしい。って、育て方に書いてあった。「飼育」って言うからには、コレを書いた人もコイツをあんまり植物とは思ってないみたいだ。3~5mに成長って、凄い事をサラッと書いてあったけど、それが本当なら、最終的には「イモ太」よりでかくなるんだろうな・・・名前は「タコ」に決定。侮蔑をこめて「タァコ!!」とお呼び下さい。多分コイツMだから。



大海ブドウ愚美

で、最後・・・?コレは何ですか?ココからナメック星人が生まれてきたとしても、それを簡単に受け入れてしまえそうな、謎のフォルム・・・植物?と言うか、生物?まず、コイツ生きてんのか?取り合えず、噛もうとしたら、怯えてる感じは伝わってきたんで、生きてる事は生きてるみたい。他の植物同様、意思の疎通もある程度は出来るみたい。ただ・・・どうやって育てろと?触ってみたら、程好く軟らかいのがまた意味不明。地面に植わってたら、確実に地中に宇宙人が埋まってると思ってしまう。・・・取り合えず、女の子である事だけは分かったので、「大海ブドウ 愚美」ちゃんと名付けました。



どんどん混沌としていく植種台。

それでも、オレが一番愛して止まないのは、「千田」「イモ太」「ガジママ」である事は変わらない。それはこの先もずっと変わらない。こいつ等が居てこその、植種台だ。

関係ないけど、「イモ次郎」から遂に新芽が出てきた!!写真撮り忘れたけど。「イモ次」もこれから、「イモ太」張りに大きくなっていけばいいナァ~。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。