FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年12月12日15:34

龍玉と緑色の人

20世紀フォックスは一体何をしたかったのか・・・2009年最大の話題作「ドラゴンボール エボリューション」。ついに予告編が解禁と相成りました。んなもんで、早速YOUTUBEから拾ってきた(↓)この予告編を見れば、何となくイメージは分かる。アメリカらしいB級映画の臭いがプンプンする。個人的には、B級映画大好きなので、そういう意味ではむしろ「面白そう」な感じも否めない。ドラゴンボールじゃなければ・・・そんな「ジャングル...
この記事を見てみる  ⇒
龍玉と緑色の人
2008年12月12日15:34      cat  :  気分
20世紀フォックスは一体何をしたかったのか・・・2009年最大の話題作「ドラゴンボール エボリューション」。ついに予告編が解禁と相成りました。

んなもんで、早速YOUTUBEから拾ってきた(↓)



この予告編を見れば、何となくイメージは分かる。アメリカらしいB級映画の臭いがプンプンする。個人的には、B級映画大好きなので、そういう意味ではむしろ「面白そう」な感じも否めない。

ドラゴンボールじゃなければ・・・

そんな「ジャングル大帝」と「ライオンキング」の区別付かないアメリカで、何であえて「ドラゴンボール」として、実写化する必要があったんだろう?別に、願いが叶うボールがあってそれを宇宙人と地球人が奪い合う「MIB」のパチモンみたいな話で良かったろうに・・・そこはやっぱり、ネームバリューの力にあやかりたかったからに他ならないんだろうか。ベガの格好をしたバイソンを相手に、ゲームより階級の上がったガイル大佐が、変な胴着を来たチンピラ2人引き連れて銃撃戦を繰り広げた「ハリウッド版 ストリートファイター2」に似たようなものを感じる。或いは、それより酷い出来の「ハリウッド版 北斗の拳」か・・・

オレの人生を変えたといっても過言ではない大大大名作の「奇生獣」もハリウッドで実写化予定があるらしいんで、それも楽しみにしながら、これからの人生を生きて行こうかな。

どうせ楽しい事なんかない人生なんだし。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム