超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年11月25日22:52

お久しぶりです。のびたさん。

高級官僚殺しの事件。最近流行りの事件。何だか「年金テロ」だの「プロの殺し屋」だの騒がれてた事件の結末は、「ペットを殺されたことへの逆恨み」と言う形で、落ちがついたみたい。まだついてないか。犯人の小泉とやらは、「保健所に家族を殺された」と供述していたみたい。保健所と厚生省は関係ないだろってほとんどの人が思った・・・と思う。(思うが2回重なったけれども)少々無知蒙昧なまま、犯行に及んでしまった割りに、しっか...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです。のびたさん。
2008年11月25日22:52      cat  :  気分
高級官僚殺しの事件。

最近流行りの事件。

何だか「年金テロ」だの「プロの殺し屋」だの騒がれてた事件の結末は、「ペットを殺されたことへの逆恨み」と言う形で、落ちがついたみたい。まだついてないか。

犯人の小泉とやらは、「保健所に家族を殺された」と供述していたみたい。保健所と厚生省は関係ないだろってほとんどの人が思った・・・と思う。(思うが2回重なったけれども)少々無知蒙昧なまま、犯行に及んでしまった割りに、しっかり計画的な様でもあるこの事件。まだまだ、分からない事は沢山あるだろうけど、一部共感できる部分が実はあったりする。

「ペット」が「家族」であると言う点。

もし江戸時代よろしく仇討ちが許されていたとして、「カメスケ」や「うにん」、場合によっては「千田さん」や「イモ太」が殺されたら、オレは迷わず犯人を殺しに行く。きっと行く。

あいつ等だって、立派な家族。長い時間を共有してきた、かけがえのない命には、それが「猫」だの「亀」だの「熱帯植物」だのは関係ない。「カメスケ」なんて、もう20年以上も一緒に住んでるんだ。

とは言っても所詮ペット。じゃあないんだって。ホントに。

オレは、花屋が大嫌い。この前行った「HANAYOSI」とか何とか言う花屋なんか、もう最悪の場所だった。多分、植物が生きてるって言う感覚を持ち合わせてないんだと思う。切花ってのはしょうがないと思う。あれは、お肉屋さんの「肉」と一緒だから。でも、この「HANAYOSI」はそんなんじゃない。生きてる植物を虐待してる。で、その虐待してる悲鳴が店中に鳴り響いてる感じがする。

あの店は、きっと植物が生きてるって言う感覚を持ち合わせていないお店。

で、そんなお店に対して、何の感慨も持ち合わせていないって事は、結局は、「ペット」が「家族」って言う感覚を理解できてないって事だと思う。

理論の飛躍。

そうでもないはず。

もう一度、ドラえもんの「さらばキー坊」を読んで、植物について考え直せと言いたい。

モノを喋らなければ、動きで示さなければ、それを命として見る事が出来ないのなら、それは何とも悲しい事です。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。