FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年11月16日22:54

植種台からのレポート

色々思い悩む事が多いです。あ~でもない。こ~でもない。と、グルグルグルグル・・・堂々巡りの毎日。結局何もしないままで、一日が終わったりなんかもする訳で、そうやって、どんどん自分で自分を追い詰めてる感もある。しかし、良さげな仕事ってないなぁ~。そもそも、良さげな仕事って何だろう・・・?そしてまた堂々巡り。そんな中、オレが何となく元気で居られるのも、可愛い同居人のお陰な部分が実は結構あったりする。「う...
この記事を見てみる  ⇒
植種台からのレポート
2008年11月16日22:54      cat  :  植物園
色々思い悩む事が多いです。

あ~でもない。こ~でもない。と、グルグルグルグル・・・堂々巡りの毎日。結局何もしないままで、一日が終わったりなんかもする訳で、そうやって、どんどん自分で自分を追い詰めてる感もある。

しかし、良さげな仕事ってないなぁ~。そもそも、良さげな仕事って何だろう・・・?そしてまた堂々巡り。

そんな中、オレが何となく元気で居られるのも、可愛い同居人のお陰な部分が実は結構あったりする。「うにん」じゃない。確かに「うにん」も和ましてくれるけれども、アイツは気まぐれ。自分が気に入らなかったら、不意にどっか行っちゃう。今回の同居人とは、植種台(と言っても、もう台からはみ出してしまったけど・・・)の奴らだ。

気が付けば、もう20鉢を越えてしまった。

今日もまた1人。異常に可愛い「クワズイモ」を買ってきた。なんかオレは病的に「クワズイモ」が大好き。今日買って来た「クワズイモ」は、狭い鉢にギュウギュウに押し込まれて、手入れもあんまりされてなかったのか、弱りきって葉ダニいっぱいの状態だった。しかも、弱りきってるからと言う理由で、処分価格450円で叩き売り。イモ部分だけで見たら、「イモ太」よりも大きいのに450円・・・あまりにも辛くなって連れて帰ってきた。

早速、葉ダニにやられた葉っぱを落として、残りの葉っぱをきれいに水拭きしてやった。すごい埃と葉ダニがいっぱい・・・予防薬も振り掛けて、応急処置。明日朝一で大きな鉢に植えかえしてやろう。

名前は、「イモ次郎」。応急処置で、チョッと元気になった(↓)

イモ次郎

ついでに最近増えた奴らも紹介しておこう。

まず、知り合いから譲ってもらった「バオバブの木」の「バオー来訪者」。(↓)

バオー

「バオバブの木」って、実はすごく珍しいらしいけど、そんな事知らないで、普通にメッチャ可愛いなぁ~とか思ってた。今はまだ子苗で、あんまりバオバブしてないらしいけど、これからも大事に育ててやろう。

で、どうしても花を見てみたくて、種から育ててる「東山大根」の「風呂吹き太郎」(↓)

風呂吹き太郎

最初4つ発芽したんだけれども、その中から元気な奴を厳選していった。その他の奴は、この鉢から抜いて、庭に植えつけたらそこで逞しく伸び伸びと成長してる。食べ頃になった時に、嫁に引っこ抜かれて、食卓に並ばないように気をつけないとなぁ~

あと、「マングローブ」の「まん吾郎」。(↓)

まん吾郎

「マングローブ」は日本で冬を越えるのが物凄く難しいらしいので、うまく冬を越えられるか心配。数ヶ月前にうちに来た同じ「マングローブ」の「バッタもん」は、もうすでにかなり元気がなくなって来てる。「まん吾郎」はまだ元気だけれども、取り合えず、水を減らして冬眠させてみようかと思ってる。

以前紹介した「ドラゴンボール」の「立男」。もうすでに、別の植物になっちゃったので紹介しときます。ちなみに、以前の「立男」(↓)

立男さん

今の「立男」(↓)

立夫その後

原形を留めてない。まだまだ大きくなるように、大きな鉢に植え替えしてやった。

冬に備えて、新聞の服を着せてあげた「千田」(↓)

ぬくぬく千田

あ・・・あと他にも、「エアプランツ」の束「のれん義光」も居たな。写メ撮り忘れた・・・。マァ「義光」はまた今度と言うことで・・・

そんな感じで、皆元気に伸び伸びと育ってる。こいつ等が何だかオレを元気にしてくれてる。こいつ等の居ない部屋なんか、寂し過ぎて考えられない。

どんどん大きくなるんで、植種台はもうかなりジャングル化してしまった・・・

でも、また色々増えるんだろうなぁ~。

植物ってステキです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム