超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年11月08日09:46

ランドマインスバークリング泰造

浅野忠信が嫌い。だって、生き方や考え方から始まって、役者としてのスタンスや演技力、実際の作品・・・全て最高でかっこいいじゃないか。あんな生き方、男なら一度は憧れてみるもんだ。役者するかどうかは置いといて・・・大体、作品見た時に、誰が演じてるか分かる役者はあんまり役者じゃないと思う。その作品の人物になりきってしまえる演技が出来る人こそ、本当の役者だ。浅野忠信はそんな素晴らしい役者の一人だ。そんな浅野忠信を...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランドマインスバークリング泰造
2008年11月08日09:46      cat  :  気分
浅野忠信が嫌い。

だって、生き方や考え方から始まって、役者としてのスタンスや演技力、実際の作品・・・全て最高でかっこいいじゃないか。

あんな生き方、男なら一度は憧れてみるもんだ。役者するかどうかは置いといて・・・

大体、作品見た時に、誰が演じてるか分かる役者はあんまり役者じゃないと思う。その作品の人物になりきってしまえる演技が出来る人こそ、本当の役者だ。浅野忠信はそんな素晴らしい役者の一人だ。

そんな浅野忠信を嫌いな理由は、嫁も(と言うより、オレよりもかなり・・・)浅野忠信が大好きだと言う点。それはもう・・・二人して共通の好きな人がいると言うレベルを超越して、浅野忠信に対して敵意すら抱いてしまう程なんだって・・・

醜い嫉妬です。

「クメール・ルージュ」をご存知だろうか?カンボジアでの憂国の方向性を見誤っちゃったばっかりに、良く分からん(残酷的面では結構優秀な)クーデターを起こしちゃった共産主義を中心とした政党だ。ステゴサウルスのレリーフで有名な石造りの寺院遺跡「アンコールワット」をも支配下にしてたそうで・・・

この「クメール・ルージュ」。実際にかなりえげつない残酷な処刑や拷問を繰り返してた。特に、ベトナム人に対して。他にも、それに何の意味があるのやら・・・捕虜になった同志が命からがら逃げてきたら、「コイツは汚れてしまったから、国を豊かにする肥やしとなれ」とか言って叩き殺すと言う不条理っぷりを全開してた。

叩き殺すってのは結構残酷で、それは銃殺や断首に比べれば、かなりの苦痛を伴う処刑方法。マァ今日の所は詳しく書かないけれども。

この「クメール・ルージュ」について、実は最近興味があって、チョコチョコと調べてたんだ。

その中で、とある日本人の戦場カメラマンを知った。

「一ノ瀬泰造」って言う人。どの位有名かは知らんけど、この人の生き方が何とも興味深かったりする。ただ無謀で頭が悪い上に、驚くほど素晴らしい写真なんかはほとんどないんだけど、でも、凄い興味がある。最後には(正確には死亡原因は分かってないんだけれども・・・)「クメール・ルージュ」によって処刑されたらしい・・・

この「一ノ瀬泰造」。実は十年程前に、プチブームになって(オレは知らなかったんだけど)、映画にもなったらしい。

タイトルは「地雷を踏んだらサヨウナラ」。

とある関係で、その映画を見る機会があったんだけど、その映画が実に素晴らしかった。現実には、もっと残酷で悲しいものだったろうけど、そこはエンターテイメント。最小限に押さえられてた。マァ、そんな所は置いといても、何とも素晴らしい映画だった訳です。

何より、「一ノ瀬泰造」役の役者さんが素晴らしい。あの人の渾身の演技に引き込まれたと言っても良いほど。

・・・と思って、最後にクレジット見たら浅野忠信でやんの・・・

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。