超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年11月04日02:17

追憶望まれないあの子へ

「女=まんこ病」を過去に幾度となく発症した事がある。この病気にかかると、「女」を人間として見ることが出来なくなる。と言うより、まんこに見えてくる。まんこに見えるもんだから、「女」が別に異常に露出などしていなくても、ただそこに居るだけで、発情してしまう。これは、俗に言う「ちんぽが馬鹿になる病」とは大きく異なるので、そこの部分はしっかり押さえておいて貰いたい。ただ発情してるだけだとは、断じて言われたくない...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追憶望まれないあの子へ
2008年11月04日02:17      cat  :  気分
「女=まんこ病」を過去に幾度となく発症した事がある。

この病気にかかると、「女」を人間として見ることが出来なくなる。と言うより、まんこに見えてくる。まんこに見えるもんだから、「女」が別に異常に露出などしていなくても、ただそこに居るだけで、発情してしまう。これは、俗に言う「ちんぽが馬鹿になる病」とは大きく異なるので、そこの部分はしっかり押さえておいて貰いたい。

ただ発情してるだけだとは、断じて言われたくない。言われてたまるか。

先日、「昔日記シリーズ」を書くために、大学生の頃の日記を読み返していたら、どうしても思い出せない内容の記事が出てきた。

どうしたって、オレの大学時代の日記にゃあ「アイツ」の記事が目立つ。何せ日記を書いてたのは、大学時代の前半戦まで。となれば、「アイツ」の話が大事件だったのはどうしようもない事実な訳で・・・悪くも悪くも。そのせいで、何だかさらに落ち込んだり、不思議と動悸が激しくなったり・・・もう忘れてしまおう。

それはそれ。

気になるのは、前述のどうしても思い出せない内容について。

大学中、日記を毎日書いていたのかと言えば、実はそう言う訳でもなく、途中1年ほど空白期間があったりする。その空白期間にあった出来事らしくて、その出来事の日記自体は存在しないんだけれども、それでも、後日書いた内容にチョクチョクその話題が出てくる。

それは、大学2年の頃。

オレが女性恐怖症になって、「女怖い」とか「女と仲良くなりたくない」とか、心の底から切に願っていた頃。

日記の内容的には・・・オレ・・・同じ大学の「Nさん」(ここの所は伏字で)に告白して、フラレてる・・・

そんな事あったっけ?と言うか、その「Nさん」って、マァ顔は分かるけど、驚くほどオレと接点がなかった人なんだよな。しかしマァ、オレから告白してるなんて、どうしちゃったんだろう。ホントに思い出せない。

何だ?

何があったんだ?

何か、ブー辺りなら知ってたりするのか。ちなみに、この「Nさん」ってお前が告白した年下の方の「Nさん」じゃないぞ。オレ等と同い年の「Nさん」の方だからな。

昔の日記読んでても、大概の事は思い出せるのに・・・何か不思議な経験。よっぽど消し去りたかった過去なんだろうか。

黒歴史と言う奴だ。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。