超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年09月22日15:45

雨シトネ降る夕焼けの部屋で

雨の日の日曜日。嫁と何か家でダラダラと映画でも見ようか。と言う話になり、チョッくら近くのレンタルビデオ屋まで行ってきた。そう言う事をアイツとあんまりやった事が無い。と言うか、実は初めて。で・・・何を見ようかなぁ~って店内をフラフラしながら、いくつかの候補を見つけた。オレの見つけた「食人族」と「ゾンビーノ」は即却下。嫁の持ってきた「蝶の舌」なるもので決まりかけてた時に、たまたまオレが前々から見たいと...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨シトネ降る夕焼けの部屋で
2008年09月22日15:45      cat  :  気分
雨の日の日曜日。

嫁と何か家でダラダラと映画でも見ようか。と言う話になり、チョッくら近くのレンタルビデオ屋まで行ってきた。

そう言う事をアイツとあんまりやった事が無い。と言うか、実は初めて。

で・・・何を見ようかなぁ~って店内をフラフラしながら、いくつかの候補を見つけた。オレの見つけた「食人族」と「ゾンビーノ」は即却下。嫁の持ってきた「蝶の舌」なるもので決まりかけてた時に、たまたまオレが前々から見たいと説に懇願してた「乱歩地獄」が見つかった。嫁は、主演の浅野忠信が大好き(と言うか、浅野夫妻が好きなのか?)。と言うことで、今日の所はコイツを見てみる事に。

乱歩地獄

「乱歩地獄」

オレの大好きな江戸川乱歩の作品の中でも、特に深遠な愛の物語ばかりを集めてわざわざオムニバス形式で映画化した問題作。キャッチコピーな「グロテスクでポップな地獄」とはうまく言ったものかと・・・中でも「蟲」は、このブログでも「オドレこら!!(コラはコインランドリーの略)」と話してきたような気もする大名作。それの映画化なんて、それはそれは楽しみだ。

と言うわけで、シトシトと雨の降る日曜日の午後。

2人で映画鑑賞。

・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すご過ぎる。

原作からはかなり外れてるものもあったけど、作品としてのクオリティーには申し分ない。

物凄い面白い。異常なまでにリアリティがある。・・・けど、トラウマになった。至る所の色んなシーンが・・・

人を愛するって言う事は狂気なんだ。きっと。

もうあんまり言う事は無い感じ。

興味がある方は、ぜひ一度・・・トラウマ覚悟で見れば良いと思う。江戸川乱歩知らなくても、興味が無くても面白いと思う。

ただ、日曜にダラ~と見る映画じゃなかったな・・・

関連記事
スポンサーサイト
Re: 雨シトネ降る夕焼けの部屋で
江戸川乱歩、小学生時代に読破(笑)

お金なかったからなあ~。
図書館で借りて読んだなあ~~!!


って、あれが映画!?

そ、それは観ない手はない・・・。
[ 2008/09/22 20:04 ] [ 編集 ]
>大佐さん
オレは個人的に「蟲」と「屋根裏の散歩者」が大好き。と言うか、この主人公たちがどうしても他人事のように思えなくて…特に郷田三郎が。

ぜひ見てみて。

「芋虫」とか発狂しそうになるから。

しかし、読破ってすごいな。オレなんか、まだ「二銭銅貨」も読んでない未熟者なのに…
[ 2008/09/24 01:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。