超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年09月05日02:22

焦らないでこの夜をもっと愛してね

この世の不条理。何もかもにお疲れ申した。実は結構どうしようもなくなってる。あまり、悟られないように元気そうに振舞ってみても、結局はそこの所の無理から悪循環が始まるだけだ。いつから、こんなに自信のない人間になってしまったのか・・・少なくとも、社会に出始めの頃はもう少し自分に自信があったような気がする。わずか3年足らずの時間の中で、どうやらオレは、どうしようもなくコテンパンに叩きのめされたようです。出...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焦らないでこの夜をもっと愛してね
2008年09月05日02:22      cat  :  気分
この世の不条理。何もかもにお疲れ申した。

実は結構どうしようもなくなってる。

あまり、悟られないように元気そうに振舞ってみても、結局はそこの所の無理から悪循環が始まるだけだ。

いつから、こんなに自信のない人間になってしまったのか・・・

少なくとも、社会に出始めの頃はもう少し自分に自信があったような気がする。わずか3年足らずの時間の中で、どうやらオレは、どうしようもなくコテンパンに叩きのめされたようです。

出来るだろう事、頑張れば出来る事、出来そうにない事、出来るはずもない事。

この世のありとあらゆる万事万物を、この4つに当てはめてみた時、昔なら出来そうにない事まで挑戦してやろうと言う気概を強く持っていた。それが今じゃあ、出来るだろう事でさえも「オレは本当に出来るのか?」と不安仕切りな日々。

実は何も出来ないダメ人間。

これまでは、たまたま春先の昼下がりに吹きぬける風のような暖かな優しい人間ばかりがオレの周りに居ただけで、そこからはみ出して、何の前置きもない状態になると、果たして如何ほどの人間だったのか・・・

出来たつもりで居ただけ。

大好きなアイツと2人。ただ、幸せに生きたい。

ただ幸せに生きる事を許してくれない社会では、いつまで経っても不適合の烙印を押され続けるのでしょう。

そんなマイナスだけが、やけにリアルに見える。

夜は、ただなんとなく眠る事も出来ないまま。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。