超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年09月01日19:22

クボタイティングしない様に善処する日々

「HUNTER×HUNTER」連載再開が決まったそうで・・・今回も、10週連続掲載プラス単行本26巻発売。マァ、年に2冊単行本が出るのであれば、冨樫頭のおかしい義博にしては上出来か・・・あのクソ漫画家。描いてるマンガが死ぬほど詰まらなかったら、アホほどコケ下ろしてやるのに、あんな男でも、描いてるマンガが常軌を逸して面白いからなぁ~・・・だから、天才って嫌い。さてさて・・・「アンサイクロペディア」。ご存知だろうか・...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クボタイティングしない様に善処する日々
2008年09月01日19:22      cat  :  気分
「HUNTER×HUNTER」連載再開が決まったそうで・・・今回も、10週連続掲載プラス単行本26巻発売。マァ、年に2冊単行本が出るのであれば、冨樫頭のおかしい義博にしては上出来か・・・

あのクソ漫画家。描いてるマンガが死ぬほど詰まらなかったら、アホほどコケ下ろしてやるのに、あんな男でも、描いてるマンガが常軌を逸して面白いからなぁ~・・・

だから、天才って嫌い。

さてさて・・・「アンサイクロペディア」。ご存知だろうか・・・オレはたまったま見つけてしまったんだけれども、もうすでに結構メジャー。そして、オレはかなり情報が古い・・・?

マァ、いいや。

とにかくこの「アンサイクロペディア」。マァ見りゃあ分かる通り「ウィキペディア」のパチもん。レイアウトだって殆どそのまま。

だがしかし!!

内容は、本物の「ウィキペディア」を軽く凌駕する。誰もが思っている本当の真実を語ってくれている。そこが異常に面白くて、最近もっぱらこの「アンサイクロペディア」を回遊してる・・・まさにダメ人間の始まりのごとく・・・だって面白いんだもん。

折角なので、この「アンサイクロペディア」の一部をココに勝手に抜粋して、コピペしておこう。怒られないよな。そんな事じゃあ。

ハンター連載再開記念で「冨樫義博」の項目から・・・概要(↓)



犬と人間の混血の半獣という姿を持つ。プロのニートと思われがちだが、漫画家という裏の顔も持つ。しかしあまりの怠け癖が災いし、一時期は心臓麻痺で死亡したと噂になった。これはキラによっての裁きの疑いが掛かっていたが、2007年10月6日発売の週刊少年ジャンプにて連載が再開され、死亡説を払拭した(しかしこれには影武者説も存在する)。

連載再開によって『トガシが連載再開したら本気出す』などとほざいていた無気力症候群の若者達、俗に言う性犯罪者予備軍が本気を出すことを余儀なくされ、経済活性、就職率の増加、少子化減少の傾向などが早くも見られている。この功績を称え、現在国会ではトガシに対する内閣総理大臣賞授与の可否を審議中だったが、残念なことに2007年12月10日に失踪した。


ついでにココから飛んで行って見つけた「クボタイト」と言う和製英語について(↓)


・主に「漫画での手抜きや設定の矛盾が発覚し、読者がいなくなってしまう」という意味で使われる。
・近年、この言葉は英語圏に逆輸入されるようになり、アメリカなどで、「(主に漫画において)手抜きをする」という意味の動詞として用いられている。過去形・過去分詞形はKubotited、現在分詞形はKubotitingである。


も1個ついでに、BLEACHの項、問題点の部分(↓)


・二人の敵が現世に来襲(白哉・恋次/ウルキオラ・ヤミー)
・敵に敗れた一護は修行し新たな力を身につける(始解/虚化)
・女が連れ去られ、一護はそれを助けに行くために敵の本拠地へ乗り込む(ルキア/織姫)
・本拠地での一護の初戦の相手は自分とそれなりにいい勝負が出来る奴で、  倒した後奇妙な友情が生まれる(一角/ドルトーニ)
・初戦の相手には楽に勝ち、次の相手にはやや苦戦するも本気を出して勝利する石田 (ジロウボウ・マユリ/数で上回るのが好きな人・チルッチ)
・雑魚を倒したかと思ったら隊長格に瞬殺される茶渡(京楽/ノイトラ)
・倒した相手に部下の女がトドメを勧めるも、上司に諌められる(京楽&七緒/ノイトラ&テスラ)
・相手は雑魚だと侮って敗北する馬鹿な敵(弓親/“マ”ーロニーロ)
・本来敵方である筈の奴が一護達に同行する(花太郎/破面三人組)
・しかもそいつが実は意外と偉かったりする(四番隊七席/元エスパーダ隊)
・虜囚が微妙に破廉恥な格好にお着替え・緊縛(ルキア/井上)
・仲間が助けに来たことを虜囚に伝える(恋次/ウルキオラ)
・目の前で死んだ恩師と因縁のある相手(中ボス級・見かけがイロモノ)と対決して意外な勝利(石  田/ルキア)
・一護が満身創痍の状況で再会(ルキア/井上)
・仲間同士での対立フラグ(恋次・白哉/グリムジョー・ウルキオラ)


などなど・・・他にも、BLEACHにおける戦闘方式AOPB(アクティブ・オサレ・ポイント・バトル)など、見だしたら止まらない本当の真実がココにあるような気がする・・・

意味が分からない方は、もう少しマンガを読めばいい。

マンガは日本の文化なのですよ。

もちろんマンガ以外にも、いちいち本当の事を書いているので、コレからもどんどん発展して行ってくれる事を祈るばかり。

関連記事
スポンサーサイト
Re: クボタイティングしない様に善処する日々
わかる!!


俺も、よく読む!!これ!!



面白いよなあ。
地味に、ほんまのこと書いてるしなあ(笑)
[ 2008/09/01 23:53 ] [ 編集 ]
>大佐さん
お~そうなんや。よく読むんや。

結構、誰もが思ってるホンマの事を書いててエエ感じ。

少々書いてるヤツ自体がイタイのが玉に瑕やけれども・・・
[ 2008/09/02 13:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。