超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年08月08日12:57

美少女と処女の反比例を省みる

「処女はアイアン・メイデンに入れる前にレイプするに限る」仕事が正直エライっす・・・しかも、何だか楽しくない。職場の雰囲気としては、実に良い感じなのに、仕事が楽しくない。前に社員研修かなんかで「仕事が転職かどうかは3年やってみないと分からない。」とか言ってたな・・・じゃあ、一週間で詰まらない仕事が3年後には楽しくなってるんだろうか?可能性低くないか?だったら、早目に辞めといた方がお互いの為のような・・...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美少女と処女の反比例を省みる
2008年08月08日12:57      cat  :  気分
「処女はアイアン・メイデンに入れる前にレイプするに限る」

仕事が正直エライっす・・・しかも、何だか楽しくない。職場の雰囲気としては、実に良い感じなのに、仕事が楽しくない。

前に社員研修かなんかで「仕事が転職かどうかは3年やってみないと分からない。」とか言ってたな・・・

じゃあ、一週間で詰まらない仕事が3年後には楽しくなってるんだろうか?可能性低くないか?だったら、早目に辞めといた方がお互いの為のような・・・でも、職場自体はイヤじゃないような・・・

思い悩む日々です。

そんなもんだから、ついつい頭の中に変なストーリーが浮かんでくる。

タイトルは冒頭のもの。

「処女はアイアン・メイデンに入れる前にレイプするに限る」

誰もが羨む絶世の美男美女カップル。二人は、世をはかなみ、自殺を画策する。美しい二人は、最も美しい死に方について考え、アイアン・メイデンを使うことを思い付く。いよいよ二人が死ぬ夜に、二人は初めて結ばれ、そして死んで行く。アイアン・メイデンの周りのおびただしい血液は、初めて結ばれた時の血液なのか、死ぬ時の血液なのかは、もう混ざりきってしまって、誰にも見分けがつかなかったが、しかし確かに美しかった。

そんな話。

絶世の美男ではないオレは、死ぬ事もないまま、生きていくのですよ。

物語は浮かぶのに創作意欲がない・・・

ただもう毎日疲れています。ふしゅ~
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。