超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年07月19日02:37

時の引き金。指をかける少年の瞳に写る風景

挫折と絶望を繰り返しながら、それでもコレからは少々やる事が増えてきそう。マァ、そんな事は置いといて・・・最近弟が「クロノトリガー」ってゲーム(知らないヤツなんか居ないか・・・)をやってる。オレが、小学校の頃に気が狂うほどやったゲーム。アレ以来やっていないけれども、弟のやっているのを見ていると、不思議と「次はこうなる」とか「あそこに行けばああなる」と言う事を分かっている。覚えている訳でも、知っている訳で...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時の引き金。指をかける少年の瞳に写る風景
2008年07月19日02:37      cat  :  気分
挫折と絶望を繰り返しながら、それでもコレからは少々やる事が増えてきそう。

マァ、そんな事は置いといて・・・

最近弟が「クロノトリガー」ってゲーム(知らないヤツなんか居ないか・・・)をやってる。オレが、小学校の頃に気が狂うほどやったゲーム。アレ以来やっていないけれども、弟のやっているのを見ていると、不思議と「次はこうなる」とか「あそこに行けばああなる」と言う事を分かっている。覚えている訳でも、知っている訳でもなく、自然と分かっている。変な感覚。だけれども懐かしい。

昔から思っていた。

RPGと言うゲームは、人間側から見れば英雄譚だけれども、モンスター(敵側?)から見ればかつて無いほどの残酷なゲーム。その不条理さが不思議でならなかった。

なぜ魔族と言うだけで、日も差さない魔界に押し込められなければいけないのか・・・なぜ人間が生き残る事が正義なのか・・・

元々手塚治虫を継承した冨野イズム、アンチ勧善懲悪と言えば、「ガンダム」だと思う。(ガンダムの何が面白いのか分からないけど)そこから派生した(・・・のかどうかハッキリとは知らないけど)悪側の美学。昨今のゲームでは、コレが取り入れられているものも、実は結構ある。

もう昔のゲームのように人間=正義で敵=悪と言う図式では語れなくなってきているみたい。

客観的な事実だけれども、この悪の美学を描く事、どちらにも正義があると言う事を表現するようになってから、人間はキレ易くなった。統計的に見ても、勧善懲悪を良しとする時代よりも遥かにキレる人間が多い。そして、レトロゲームや昔風のゲームが流行り始めてからは、またキレる人間が少しずつだけど減少しているらしい。

どちらにも正義があって、自分の信じるものの為に戦うと言う事が真実かも知れない。勧善懲悪など所詮は絵空事かも知れない。

それでも、上記の統計から考えるに人間の精神衛生上においては勧善懲悪の方が良いのかも・・・

どうしてそうなんだろう・・・?

考え出すと長くなるので、今日の所はこの辺で・・・

ただマァ、オレが言えることは「カエル」はカッコ良いって事です。

次回を待て。(あるかどうか知らんけど)

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。