超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年05月31日23:12

最初の遺書

「no lie-sense」さんのファーストアルバムばかり聴いております。ここの所。心が若干疲弊しているので、優しい音楽が欲しい。頭が疲弊しているので、軽い音楽が欲しい。そんな欲求があったりなかったりする中で、さほど意味のない軽いこの音楽が、凄くピッタリだったりする。とは言え、このアルバムが薄っぺらい訳じゃあない。一言でいえば、「最初から美味しいスルメ」だ。はじめて聞いた瞬間から、「何だ?!この凄い音楽は!!...
この記事を見てみる  ⇒
2014年05月28日23:22

first suicede note

今宵はまた、それはそれで心にとっても影を残している。こんな夜にペンを取れば、それはそれで、凄い絵が描けたり、凄い話が書けたりするんだろうけど、明日もまたお仕事な訳で、明後日もお仕事な訳で、そんな時間もないらしい。愚痴ろうにも、嫁も娘も寝てしまったこの時間。取り急ぎ、ちょこっとブログでも書いて、寝てしまおうとか、そんな事を画策しているのです。こうやって、日常的に削り取られて言った心持ちが、創作意欲を...
この記事を見てみる  ⇒
2014年05月26日22:43

さよならの第1工程の終わり

取り合えず終わった・・・と思う。そう、信じたい。ミックスダウン終了後に、やっぱりここが気に入らない。みたいになりたくない。と言う気持ちを込めて、「今回は。一切文句言わないって、約束するから、オレのチェック一切なしで、マスタリングまでやっちゃってくれ」と弟に提案してみたんだけど、「怖すぎて、それは嫌だ。」と言われた。しょうがないので、ミックスダウンまで終わった段階で、確認しよう。いつものように、もっ...
この記事を見てみる  ⇒
2014年05月24日00:41

青少年のための犬神入門

これを書かずにはいられない!!と言う、そんな気持ちでいっぱい。そうなんだよ。この21日に、犬神サアカス團のニューアルバムにして、20周年記念盤「青少年のための犬神入門」がリリースされた訳ですな。で、早速聴いてみた。とは言え、今日は23日。(もう少ししたら24日)。すぐに聞き込んだとは、チョッと言い難い所は、まぁ、大目に見てもらいたい。最近の仕事が忙しいんだよ。さてさて。このアルバムの感想を書くよ。書くよ。...
この記事を見てみる  ⇒
2014年05月10日22:13

時の追随

家族で海へ行った。娘が、波打ち際でピチャピチャして、それで、服もビショビショ、砂まみれになって、それでも笑ってる。オレも一緒になって、砂まみれになって、山作って、トンネルほったりして、アトピーの手に、塩水はピリピリ痛い。砂浜で、娘を裸んぼにして、ふいてやった後、オレの着てたパーカーを羽織らせて、車の中で嫁が、持って来てた別の服にお着換え。オレは、その間、砂だらけになったサンダルやら何やらの砂を落と...
この記事を見てみる  ⇒
2014年05月09日22:15

冷たい川に入ったりお腹を叩いたり転んでみたりしたけどこの子は死ななかった

別に、求めてる訳じゃあないオレが悪いんだけれども、基本的に、今の職場ではあんまり出世とかできない。と言うか、多分、会社的にオレなんて居ても居なくても良い存在だと思われてるような気がする。そもそも、webデザイナーなんて、別に社内で雇わなくても、外注に出してしまえば、それで問題ない訳で、そんな話が実際過去にも何度か社内で持ち上がり、その度、オレなんか別に居なくても良いんだと思われてるんだろうなと、チョ...
この記事を見てみる  ⇒
2014年05月08日22:14

大体お前らまともじゃないぜ

曲を作る時、大体完成形をイメージして作りはじめる。で、ある程度完成してくると、ほとんどの場合、当初の思惑通りの良い曲になってるんだけど(まぁ、自分で作っているんだから、当たり前っちゃあ当たり前。)時々、その予想の斜め上に完成してしまう曲がある。大体、アルバム一枚分曲を作れば、その中で一曲位それがあったりする。今までで言えば、「瓶詰めの幼女」とか、「雲は流れ 人は殺され 川は流れ」とか、「捨幸醜貌女...
この記事を見てみる  ⇒
2014年05月06日22:58

まっくら森の闇の中では昨日は明日まっくらクライ

GW終わっちゃったね。何となく心地よい疲労感と、明日からの事を考えると凄い憂鬱な感情が交錯してる感じです。・・・けれども、これを感じる事が出来る事に感謝でもしてみようか。例えば、家族が居て、お仕事をしているからこそ、この感情が出てくるんだよ・・・みたいな。まぁ、偽善ですけれども。さてさて。世の中には、タイミングというものがある。あの時、もしこうなっていたら・・・あの時、もしこうしなければ・・・今のオ...
この記事を見てみる  ⇒
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。