超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2013年12月27日22:20

もう二度と届かないこの思い

不意に時の流れを実感してしまった。いつの日か、今住んでいる家も出て行かなければいけない。子どもが大きくなれば、今の大きさでは、多分、狭くなる。その時、新しい場所へ移る事になるんだろう。それは、まぁ、しょうがない。どこに移り住むべきか。そんな事も、これから少しずつ考えて行こう。問題は、それ以上に、この家に残っている思い出の方にある。大学生のころ、4年間住んだ下宿、ひとり暮らししながら営業をしてた頃に...
この記事を見てみる  ⇒
2013年12月26日22:33

「幸せな家族の風景」無理やり口に詰め込まれ

今日、安部さんが靖国神社に参拝した。今、日本では、自分の生まれた国なのに、自分のご先祖さんたちや、大切な故郷を守ってくれた英霊さんたちに対して敬意を払う。そんな当たり前のことさえ、自由にできない。それは、この国にダニのように寄生してる在日のチョウセンジンやチョンが、自分たち(それも、民族ではなく個人としての自分たち)の為だけに、日本人を利用してきた果てにある現状。メディアをジャックし、教育を乗っ取...
この記事を見てみる  ⇒
2013年12月25日23:41

陰りない少年の季節は過ぎ去っていく

今年もいいクリスマスが過ごせた…と思う。体はものすごい疲労しているけれども、気持ちが楽しかったと言っているらしい。いつまでも続けばいいのに…いつかは終わると今は、考えないでおこう。...
この記事を見てみる  ⇒
2013年12月24日22:54

止まらない未来を夢見て

文章能力が最近著しく低下している気がしてる。そんな事に怯えつつ、やっぱり文章は読んで、そして、書かなきゃいけないと思うので、もっとブログも更新したく思っておりますよ。さて。メリークリスマスですね。10代の頃には、まさか、自分がサンタさんを召喚することになるとは思いもよらなかった。人生とは何が起こるかわからない。今のオレは、家族が喜んでくれるんなら、なんか疲れも吹っ飛んでしまって頑張ってしまうような...
この記事を見てみる  ⇒
2013年12月23日22:24

失うこと恐れず忘れえぬ痛み笑い飛ばそう

家族3人になって、もう1年が経とうとしている。その間、子どもを育てるということ以上に、子どもに教わると言うことの方が実は多かったような気がする。生きるということ。頑張ること。素直でいること。そのほか、人として生きていく上で大切なことをたくさん教えてもらった。子どもの成長を見つめながら、その一挙手一投足に、忘れていた何かを思い出し、そして、それをアウトプットすることで、新しい何かを見つめ直す。そんな...
この記事を見てみる  ⇒
2013年12月14日22:26

ザ・ワールド21

人間の体感時間は、17歳で折り返しなんだとか。つまり、人生80年と仮定したとき、体感時間では、初めの17年と残りの63年はほぼ同じと言うことになる。確かに、子どものころ。一日がすごく長かった。一日がすごく面白かった。そして、一年なんて、途方もない長さだった。なのに、今。気がつけば、今年がもう終わろうとしている。オレが、「今年は、連休がほとんどない最悪な1年だ」と嘆いていた1年は、何と2年前に終わっ...
この記事を見てみる  ⇒
2013年12月12日23:10

It dont matter if youre Black or white

なんか、今年は珍しく年末にいくつかの飲み会に誘われちゃったりしたみたい。まぁ、オレなんかと酒でも飲み明かそうとか言ってくれる奴がいてくれることはありがたいと言えばありがたい。けれども、日にちも結構かぶってる上に、お仕事も忙しいので、何とも言えない感じもあったりする。ちょっと前までは、何があっても、誘われたら断らないスタンスを貫いていたのに、なんか、断ったりすることを考えるようになるとは、調子に乗っ...
この記事を見てみる  ⇒
2013年12月01日06:09

タイトルはなし

こんな時間に少しだけ目が覚めてしまった…夜泣きがチョイチョイある娘。夜中に起きて、最近覚えた「おはよう」を連呼してるのも、実に愛くるしい。(多分、起きたら「おはよう」というものだと思ってる)。しょうがない。許す。さてさて。今回のアルバム「王道軽傷」は絶好調ではないけれども、それでも少しずつ製作勧めております。今のところ、全収録曲の半分位の仮録りが終わったところか…取りあえず、全部の仮録りが終わって、...
この記事を見てみる  ⇒
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。