超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2013年07月23日22:15

夢追いインザスカイ

人を殺すことのハードルが極端に低い・・・とは、どんな事なんだろう?笑いながら、耳の穴に煙草の火を押しあてる事が出来るのか・・・しかも、友人に。何かの研究で、まだ何も分からない赤ちゃんの目の前で、良い事と悪い事をしたら、赤ちゃんは、良い事をした時にはニコニコして、悪い事をしている時には、顔をしかめたとか何とか。人間には生れながらの道徳心がある。俗に言う性善説だと。そんな結論がでたらしい。だとしたら、...
この記事を見てみる  ⇒
2013年07月15日22:04

ただ抗わずただ流されず

連綿とつながる見えない糸縦と横の交わりひとつはとても小さくもそれが無限に広がっていくことで、大きな布が出来上がるその先にあるものがなんなのか誰も知る由はない誰もその先へ行ったことなどないのだから何を包むための布なのか何を庇う為の布なのかただ今も新しい交わりが増えるそしてそれをこれまで紡いできた糸は優しく迎え入れるいつまでもいつまでもそれは悲しいことではなくてでも嬉しいことでもないただ必然としてそこ...
この記事を見てみる  ⇒
2013年07月11日22:22

能面の笑顔と少女の時間

生きていく事に目的が必要なのは、きっと生きていく事が簡単だからなんだと思う。生きていく事に必死だったら、生きていく事が目的になる訳で、そもそも「何のために生きている」って言う話にはならない。生きていく事が比較的簡単になった国で生きています。目的は分からない。でも、最近、生きていくための目的とか、別に不必要になってきた。これが、新しいステージだったら、良いのだけれども・・・さてさて。少し上の話ともか...
この記事を見てみる  ⇒
2013年07月09日21:52

遥かなる旅路 さらば友よの巻

夏の日の朝。6時くらいに、窓をあけると入ってくる空気には、ひどく懐かしい匂いがある。小学生の夏休み。眠いのに無理やり起こされて、フラフラと通っていたラジオ体操の時の匂い。当時は、何よりも嫌で仕方がなかったけれども、今になると、この空気の匂いが、何とも心地良い。今って、夏休みのラジオ体操。無くなってるだそうで・・・と言う事は、今の子どもは、大人になった時に、この感覚を味わう事が出来ないと言うことか。...
この記事を見てみる  ⇒
2013年07月07日20:26

シナプスレイプ・アンソロジー

体中(特に股間付近)の肌荒れがここの所凄まじくひどかった。原因をあれこれ考えてみたんだけど、多分、ボディソープだと思う。いつも使ってるダブのヤツがなくて、ナイーブってヤツをしゃあなしで買ったんだよ。んで、それを使ってたんだよ。元に戻し、更に肌荒れしてる部分には、赤ちゃん用の石鹸を使ってみると、見る見る間に回復してしまった。見る見る間に回復って、どれだけ悪い成分が入ってたんだよ・・・肌荒れ(オレの場...
この記事を見てみる  ⇒
2013年07月07日11:51

闇に浮かぶ彫刻

とても悲しい事があった。その日から、取り合えず49日は、喪中と言う事にしておこう。何も自分から発信しない期間を設けてみる。7月になったら、また、何かブログに記事でも書こう。と、そんな事をぼんやりと考えておりました。そして、気がつけば、7月どころか、もう7日になっている。ブログとか、またチビチビ再開しよう。この49日中にだって、思うところはたくさんあったんだよ。いくつかは、浮かび、よどんで、消えていった。...
この記事を見てみる  ⇒
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。