超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年11月25日22:40

その日の黙示録第一章

あの日を静かに思い出したときいつの間にか赦されたその哀しみは少しだけ居なくなりました夢を見た訳ではありませんそれは確かに存在していた訳でこぼれ落ちた涙は少しだけこの世界を潤すのでしょうそれが理であるのならなぜ静心なく消えることができないのでしょうか出逢いは闇の中抱き止める小さな鼓動を何に例えることが出来ますのかそれはやはり夢なのかも知れませんなぜならあなたがそこにいる証明をまだ見つめてはいないので...
この記事を見てみる  ⇒
2012年11月25日09:18

永遠と言う言葉の実は男一人には重すぎる

Twitterでも少し書いたけど、大学時代のチンピラの結婚式のために、大阪くんだりに向かっていたりする。そのために、明日の広島での犬神の興行は不参加となってしまった。まだ香川なら何とかなったかも知れないけど、さすがに大阪から帰ってすぐに広島に向かう体力はない。もうそんなに若くもないらしい…と言う、無念とメデタイ気持ちが同居する中でツラツラと。スマホからの投稿なので、いつも以上に誤字脱字あるだろうけど、気に...
この記事を見てみる  ⇒
2012年11月20日23:18

蜘蛛の糸

ブログなんて、気が付けば結構長い時間やってるらしい・・・ついでに、mixiと、twitterとfacebookとやってるらしい・・・もういい加減飽きてきた。そんなに、仮想のつながりが必要か?そんなにいろんなチャンネルが必要か?と言う訳で、LINEには手を出さない。これ以上、やらない。元々、孤独でしたので、今のまんまでもすごい事なんだよ。友達は片手で数えるくらいで十分。「いいね」押すことがそんなに重要なのか・・・?...
この記事を見てみる  ⇒
2012年11月13日22:23

まんこに拳入れてかき回してやるぜ。ベイベー

ふと考えること。女性への暴力とかについて、問題にしすぎじゃね?それは別に暴力賛成とかそんな意味じゃあない。「女性に対して」の暴力について、焦点を当てすぎだと。世の中には、多種多様な暴力が存在している。そして、そのほぼ全てにおいて、糾弾すべきだと思う。なのに、なぜか、「女性に対して」だけが嫌に目についてしょうがないのはオレだけだろうか・・・もう、昔のような男尊女卑な訳でもなく、十分男女は平等だと思う...
この記事を見てみる  ⇒
2012年11月11日11:45

あんたあたいが好きなのね。あたいはあんたが嫌いなの

テレビで最近よく見かける演出として、めっちゃ良い所でわざと引っ張ってCMに行くってのがあると思うんだけど、あれって、思いっきりマイナスだと思う。スポンサー的には。アレをされた瞬間、視聴者(って言うか、特にオレ)はめっちゃイラっとするわけで、そのイラっとした時に見たCMについても、同じくイラっとする。商品であれば、こんなクソ商品絶対買うかと。企業CMだったら、このクソ企業潰れればいいのにと。逆に、スッキリ...
この記事を見てみる  ⇒
2012年11月08日23:51

自殺のススメ

やっとこさラヴォスを倒した。ちゃんと、すべてのマルチイベントをクリアーし、黒の夢から、ラヴォスに挑んでやった。強くてニューゲームもしてなかったので、ラヴォスの「必殺の一撃」がマジで、1000を超える一撃必殺となる中、ハヤブサ切りと、ロボのテラパワーアーム+金のイヤリングのコンボで何とかかんとか、ラヴォスコアを撃破した感じ。昔は、どんどんレベルを上げるのが楽しかったけれども、今は、どれだけアイテムとか、...
この記事を見てみる  ⇒
2012年11月04日21:04

時の卵でスクランブルエッグ

若干風邪をひいたかもしれない。そんな、今は風邪で倒れるわけにはいかないので、近くのしゃぶしゃぶ食べ放題に駆け込んで、アホみたいに肉を食べ、帰ってきてから、寝倒してやった。おかげで、今はかなり快方に向かっていたりする。「恐山」を聞きながら、今度のアルバム「王道軽傷」のイメージを固めたりしている日々でございます。実は、前から弟と「恍惚の殺人子宮」みたいな曲ばっかりのアルバムを作りたいよなぁ~と言う話を...
この記事を見てみる  ⇒
2012年11月03日20:37

恐山

と言うことで、全国約1名(一人はオレ)の皆様(主にオレ)お待たせいたしました。犬神サアカス團のニューアルバム・・・と言うか、デビューアルバム「恐山」のレビューでも延々書いていくか。総評としては、おぞましいほどの名盤だと思う。いやまぢで。何か、当初は単純に、「また初期の頃みたいなドス黒い曲がききたいなぁ~」くらいにしか思ってなかった。し、一聴した感じでは「おお、地獄の子守唄のころが帰ってきた。」と言...
この記事を見てみる  ⇒
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。