超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年07月26日00:04

おっぱい揉む蔵の悲劇的まんこ妄想絵巻の結末

たまには、スマホから投稿してみる。実は、スマホデビューから3ヶ月。全く使いこなせてなかったりする。そもそもまだ文字が打てない。理由は簡単。メールする相手もいないし、Twitterとかは、基本PCから、ばっかり投稿してるから。マァ、苦手だからあえてスマホを使ってなかっただけと言えなくもないけど…そんなこんなで、やってみたけど、マァ打てないわ。まぢで。何か、オレは今、凄い無駄な努力をしてるんじゃないだろうか…そ...
この記事を見てみる  ⇒
2012年07月23日22:13

あの日約束したお別れの日は近い

「おまえらが頑張らんから、売上が上がらん。だから、お前らの給料も上がらん。全部お前らがやる気がないから。」と言う、激をいただきましても・・・そんな言い方されたら、逆に経営陣の無能さに呆れて見限ります。って話になるしかないんじゃないだろうか・・・実際に、どんどん人居なくなってるじゃんか・・・どうして、分からないんだろう・・・と、まぁ、そんな話。よし。愚痴はここまでだ。昨日買った「アラバスター」の秋田...
この記事を見てみる  ⇒
2012年07月22日23:51

夏なんです

いじめの話はもう飽きた。例えば、加害者のやつが自殺したり、テヘペロ校長や、鼻歌担任が自殺すれば、その時に、ネットがこいつ等をいじめて自殺に追いやったとかになるんだろうか。こいつ等は、万死に値すると思う。それこそ、二度と社会に出てこれないように、凄まじい制裁を受ければ良い。何だったら、死刑でも全然良いと思う。でも、今の追いつめ方はこいつ等がやってたいじめと大して変わらないんじゃないかと思う今日この頃...
この記事を見てみる  ⇒
2012年07月21日23:27

夢見る夜は心果てるまでに

こんなに近しい人のお葬式など、人生で2度目の事。それぞれに思う事はおありになるんだろう。それとは別に、一人の人が死んでしまうと言う事について、どう向き合うべきなのかと言う一点について、思うことはまた別のベクトルに存在するはずだけれども、それでも、永の歳月を生きたと言う事実だけは変わる事はない。例え、どんな時代を過ごしていたとしても。今の時代が生きづらいと言う人もいる。だとすれば、今の時代に生まれて...
この記事を見てみる  ⇒
2012年07月05日23:36

1000年の監視者は何も言わず少女の散る姿を見ていた

命は、生まれては消えていくので、だったら生まれなければ良いと思っていた時期だってあったんだよ。でも、生まれて消えるまでに時間があるのであれば、その時間に成した事はきっと無駄じゃあないと思いなおすことで、少しだけ留まる事も出来た。そして今。例え、生まれてから消えるまでが一瞬であったとしても、そこには意味があったと思えるようになってきた。心情の変化は環境の変化か、はたまた・・・さてさて。先日、東京へ行...
この記事を見てみる  ⇒
2012年07月02日17:40

もともとボロボロさ

ここん所、お仕事が忙しくて何だか知らないうちに、時間と言うものが経過している。そんな感じです。まぢで、歳をとると共に、時間が経つのは早くなる。前は「んな事ねぇ~よ」とか思ってたけれども、今になると、んな事あったと言う訳でございます。さてさて。最近、実は少しずつ曲が出来上がってきたりしてたりする。もちろん、まだ、曲として形になっているのは、2曲程度なんだけれども、このペースでいけば、そのうち「ボーニ...
この記事を見てみる  ⇒
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。