超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年04月30日00:26

今わの際のハートフレキシブル

とりあえず、マンガは今回は駄目だったみたいで・・・結構、自信作だっただけにしょんぼり具合も大きかったりする。はぁ~あ。まぁ、最近いろんな面でいい方向に転がりだしたりしてるわけで、ひとつ位思い通りにならなくてもしゃあないか。とか言い訳をしつつ、今の所は、頭の中を音楽と小説にシフトして、しばらくはそっちで頑張ろう。しばらくしたら、マンガにも戻ってこよう。そういうスパイラルで、ココ最近は生きておりますの...
この記事を見てみる  ⇒
2011年04月25日22:42

ビートルズが教えてくれた

気がつけば、犬神サーカス団のDVDが発売になってた・・・そして、気がつけば、特撮のニューシングルも発売になってた・・・ついでに、特撮のニューアルバムの発売が決定していた・・・時間が経つのが早すぎる。毎日を多分、一生懸命生きている。そして、やりたい事がたくさんあって、やらなきゃあいけない事もたくさんある。1日は終わってしまっている。今、不安な事は、今書いてる物語を完結できやしないんじゃあないだろうか・...
この記事を見てみる  ⇒
2011年04月23日21:18

月夜の夜に誘われて大人になると決めたんだ

何となく、今の生活に程々の幸せをかみ締めてしまっている。そこそこの金と、苦痛とは思えない仕事と、居心地悪くない職場と、微笑ましいカメと、素敵な家と、大切な嫁の居るこの生活。気が向いたときに、絵を描いて、マンガを描いて、ギターをかき鳴らして、CDなんかも作ってみて・・・この生活が、一生続くわけはない。でも、この先何があったとしても、何だか程々の幸せをかみ締める事には欠かさないような気がする。何をするに...
この記事を見てみる  ⇒
2011年04月17日21:46

新・The・まんこの時間。

風邪を押して、歌ったりしたもので、一部不満な部分があったりした。予定通り、あと1日修正の日を持つことにしよう。と言う事で、「Do Get the star」のレコーディングは、基本的に終了した。今年初めから初めて実に5ヶ月。多分、あと数週間はかかるだろうから、半年もかけて、一つの作品を作ろうとしたわけで、何が何でも一気に作り上げてしまいたい性をもったオレからして、結構奇跡的な事になったと思う。うずうずを我慢し続...
この記事を見てみる  ⇒
2011年04月13日22:19

アルミの人形次第顛末の序章

心の蔵をただ鷲掴まれたような心持の中にいたようです。「何が、あなたになど分かるか」などと毒づきつつも裏腹で、あなたに分かってもらいたいと言う何とも拙い心情などにじませておりました。孤高で居るべく事など理想でもなんでもない。ただ、おそれ、逃げ回る中で、そうやって気がつけば孤独な毎日のみを送っていたのみです。気がつく事ができれば少々は幸せになれるものをいつとも無く、変わるとも無くただただ漂うばかりの時...
この記事を見てみる  ⇒
2011年04月12日21:51

君と僕の両面テープラブ

相変わらず、ピンクフロイドの「炎」を聞いております。クレイジーダイヤモンドは砕けない。きっと、砕けない。「狂気」の方が素晴らしいような気もするけど、この叙情的な旋律はなかなか、いつまでも、何度も聴いていても心地良いもの。ぬふふうふふふ。さてさて。今年初めから、フンニャロメンニャロと製作を続けてきた「Do Get the Star」も残す所、後一回のレコーディングと、修正、ミックス、マスタリングで完...
この記事を見てみる  ⇒
2011年04月10日23:21

クレイジーダイヤモンドは砕けない

・・・と言う訳で、一気に2時間くらいで、台本を書き下ろした。丁度、イメージがピンク・フロイドの「クレイジーダイヤモンド」だったりしたので、それを繰り返し聞き通しでオラオラ、さくさくと書き上げた。多分、面白いんじゃないの?一人劇、20分以内、暗転・SE・BGMなし、笑いは苦手・・・と言う、要望をしっかり見事にクリアーできたかと。ん~・・・台本書いてると、メキメキ演劇をやりたくなってくる。とりあえず、...
この記事を見てみる  ⇒
2011年04月09日09:36

手のひら収集家の末路

ひょんな事から、台本を一本書き下ろす事になった。「エデン統合地獄変」を書き上げてから、実に2年と半年振りの新作だ。その間、一切台本っぽいものを書かなかったかと言うと意外とそうでもなく、「口頭無形」や「終わりの休日」などは、シナリオを書いてから製作したので、似たようなものは少しだけ書いていたりする。とは言え、何か今回は一人劇だそうで・・・あんまり描いたことの無いジャンル。丁度、一人の主人公がただ淡々...
この記事を見てみる  ⇒
2011年04月06日00:19

よく似た子どもが互いを突き刺したまま

暗助にお手紙を書いております。最近書いたマンガ、「夜誘う麦わら帽子」のコピーをプレゼントと言う名目で、押し付けて読ませて見ようと思っております。ついでに、最近書いた小説もプレゼントと言う名目で、押し付けて読ませて見ようと思っております。もう少し、待っててなぁ~。で・・・久々に、自分で書いた小説を読んで見た。・・・これ、面白すぎないか?マンガとか、音楽より、クオリティー高くないか?もともと、「夢喰い...
この記事を見てみる  ⇒
2011年04月04日00:01

喜怒哀楽の全てを今あなたに捧げます

210年に武安国が死んだ。あまりの悲しみに、どうしたら良いものかと悩んだ末に、加わったばかりの阿会喃に安国が持っていた幻術の書と的盧を譲り、二代目大将軍にする事にした。道栄は、すでに太平要術の書を携えたまま大将軍になっている。...
この記事を見てみる  ⇒
2011年04月02日23:11

シド・バレットとロジャー・ウォーターズ

ピンクフロイドの「狂気」を聴きまくっている。「狂気」と言うタイトルの癖に、悪意じみた狂気と言う面では、どうしてもクリムゾンの諸々の作品群ほど詰め込まれては居ないけれども、素晴らしく巨大な、絵画に立ち向かって行ってるようなそんな感覚で聴いている次第です。これは、名盤だ。スルメだ。さてさて。最近、小説を読みたい時期に入っていて、色々と小説と言うか、文章を読み漁っている。思うに、マンガと比べて、どうして...
この記事を見てみる  ⇒
2011年04月01日22:13

6デノナルーフルリプイエ

現実の女は、しゃべるから嫌い。そう言って二次元に入る人が後を立たない中、思う事は、実態の無いものへの愛情など、果たして本当の愛情であると呼べるのか・・・と言う点だった。ただ、求めているのは、自らが理想とするリアクションをくれる女と言う一点であるけれども、それであっても、実体の無いものに至上の愛情を注ぐ事などで気やしない。そうやって、オレが行き着いた先が、由美との出会いだった。由美は、生まれてからず...
この記事を見てみる  ⇒
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。