超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2010年09月25日01:47

サラボナ、ルドマンの別荘にて

やっとこさ、結婚式の準備が終わった。明日・・・と言うか、今日、結婚式ですよ。仕事がなかなか決まらなくて、結婚まで行き着かなかった期間も長かったけれども、何とかココまでこぎつけた。と言う感じ。どれほどに感慨深いのかと思いきや、疲れ過ぎて良く分からなくなってしまってはいるけれども、それでも、やっと晴れて、夫婦になれたような気がする。好きなのか・・・と聞かれると、もう良く分からない。ただ、一生一緒に居た...
この記事を見てみる  ⇒
2010年09月22日23:02

ドンドリビウム・エッセンシャーその1

いよいよ、結婚式は今週末だ。長かった・・・そして、まだ色々とやる事はあるものの、何とか形になりそう。(多分)何とか間に合いそう。結婚式なんかさァ、結局は、自分の為だとか、家族の為だとかそれぞれに思い思いな話をしてはくれるけれども、その中にあって、何しか「来てよかった」と思えるようになれば良いなとか思いつつ、色々準備してきた・・・風味。...
この記事を見てみる  ⇒
2010年09月16日22:09

土産にもらったサイコロ二つ 手の中で振ればまた振り出しに

田代まさしの話をツラツラと書こうかと思ったけど、写真を見て、そんな気が失せた。(↓)コレが去年の夏頃(だったと思う)で・・・コレが、その1年後だとしたら・・・(後ろのおっさんの顔も大概怖いけど。)もう、「田代まさし 9年ぶり 4回目」とか甲子園出場校の紹介みたいに表現する事も、「田代まさし(ムショ属) 9年ぶり 4回目の当選」とか選挙戦を勝ち抜いた英雄のように表現する事さえ憚ってしまう。ただ、薬物...
この記事を見てみる  ⇒
2010年09月12日10:51

サテライトビューバンズ

死にかけてしまう…だろう9月もいよいよ山場。今の段階で、もう疲労は結構なものな訳で、果たしてあと1週間チョッと乗りきれるだろうか…そんな感じ。そして、今日は前写しの日と言う。それはともかく、先日の「東京怪童」にかこつけて、ついでに「万祝」も全巻揃えて読んでみた。例えば、同じ海賊漫画として「ワンピース」を100とすれば、「万祝」は多分、2億位だろう。それ位に面白かった。物語は、大風呂敷を広げすぎてはいけ...
この記事を見てみる  ⇒
2010年09月07日21:44

トイレピカピカ 君ベッピン

新作短編マンガ「夏誘う麦藁帽子」の構想が少しずつ固まってきた。結婚式が終わるまでは、うずうずしながら頭の中で構想をめぐらせ、そうやって溜まったものを、その暁には、ぶちまけてやろう。そうしよう。あと、そろそろ書きさしのままになっている「us」を最後まで書ききろう。高校自分に考えた物語。まさか、この歳まで書き続けるとは、あの当時思いもしなかった・・・けれども、それでいても、しっかりと完結させよう。そう...
この記事を見てみる  ⇒
2010年09月05日00:23

田んぼの蛙はもう消えた

この世界には、まだまだ素晴らしいものが沢山ある。そうして、逆に、自分の知っている事が、どこまでも狭い範囲であると言う事に愕然としつつ、それは、楽しみで仕方の無い事実だと思う。音楽は、筋肉少女帯と犬神サーカス団をもう、リアルに神ほども崇拝している。でも、それこそ、クラシックから、圧倒的な名曲はどこまでも数多く存在し、そして、これからも驚くような名曲に出逢えるだろう。今後、一切音楽が作られなくなったと...
この記事を見てみる  ⇒
2010年09月04日09:11

絶え間なく注ぐ愛の名を「永遠」と呼ぶことができたなら・・・

BGMを選んでいく。結婚式で使うヤツ。思えば、嫁の人生とかなり対極にある感性と人生を積み重ねてきていたようで、刷り合わせていく作業が思いのほか大変。それでも、人生のある一点から、交わり始め、そして、今、ほぼ同じ感覚を持ち合わせて一緒にいると言うこのパラドックスを、どう受け止めれば良いのか。その答えは、もう少し先の話になるんだろう。知らんけど。昔大好きだった曲を、思い出と共にあげてみよう。(実際、BGMと...
この記事を見てみる  ⇒
2010年09月02日23:22

悪夢は幸福の中にあっていつまでも冴え渡るもの

時々考える。頭の中で考えている事の5割で良いから、誰かに伝える事が出来れば・・・。いわゆるサトラレ。そうすれば、本当は害の無い人間だと。別に、悪い人間ではないと。誤解されずに、生きていけたのではないか・・・と、時々考える。そして、最終的には、恐らく、もとの人間性がダメである以上、結局は、同じ道を辿るのだろうな。と思い直し、そうやって、少し落ち込んで、次の日は、何だかあっという間に始まっていく。そう...
この記事を見てみる  ⇒
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。