超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年11月29日03:56

皆同じ顔なら僕は君を選ばない

例えば、悩み事とか、不安な事を全て何も気兼ねせずに話せる世界があったらどうだろうか。そんなやつらが居る世界には行きたくは無いけれども、その世界にオレは行きたいような気がする。そんなアンニュイなニュアンスの話。・・・違うか?...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月28日12:51

まんこコジ開け隊

仕事初めてから、めっきり家のパソパソをつけなくなった。んで、ブログも放置気味。なので、少しずつだけど会社の昼休みを使って、文章でもつむいでいこう。飽きるまで…さてさて女は三歩下がって男についてくるもんだ。と言うと、田島付近がピーチクパーチク「男尊女卑だ」とのたまいそうだけれども、実はこの言葉には違う意味の解釈がある・・・らしい。つまりは、「女は黙って男の後ろからついてこい」じゃあない意味。この言葉...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月23日22:37

振り返るには短すぎると最後の最後に少女は悲しんだ

くろすけと「また一緒に曲作ろうか。」と話をしたのは、多分今年の5月くらい。それから、遠距離恋愛しながら、古風にお手紙でやり取りやり取りを続けて早半年。今週日曜日の歌撮りで、ひとかどの完成を見ました。もともとは、「夜伽話」と「四千年王国」の2曲だけのシングル(去年と同じように)の予定だったのに、時間が空いて暇になったと言う理由で、曲作りを続けていく内に、なんとアルバム1枚分にもなってた。12曲入りで...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月19日23:29

君のまんこは君が思っている以上に臭いんだよ

死ぬ夢を見た。なぜか、首吊り台に連行され、そのまま自ら首を吊って死ぬ。・・・そんな夢。不思議な事は、「首を吊って死ぬ」とは、こう言う感覚なんだと言う事を実にリアルに体験したような気がした点かと・・・首を輪っかに通して台を外すと、はじめモノ凄い苦しい。「あががが・・・」ってなるんだけど、その内その苦しさが段々なくなってくる。それは、気持ちがいい感じではなくて、凄い睡魔に襲われて、コテッと寝てしまうよ...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月18日01:28

バーバラズ・タンゴ・リテヌート

「ニクキュウキモチヨシ」昼には近くの会社のサラリーマンが昼食を買いに殺到するようなそんなどこにでも小さなコンビニの一角にほとんど誰にも気づかれないまま日がな一日眠ってばかりの何だか薄汚い茶色い野良猫がいた。もう人間なんて見飽きてしまったその野良猫は人間が近づいてきたってお構いなしで日がな一日眠ってばかり。わずかな時間しかない昼休みにわざわざ野良猫の相手をする暇なんかある人間は居ない事をその野良猫は...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月17日23:08

虚空へのプレリュード

演劇の演出中、「そこで『オラ東京さ行くだ』を口ずさんで」と言うと、『それは何ですか?」って言われた。・・・コレが俗に言う、ジェネレーションギャップか・・・しなびたおっさんの言う事は、時としてピチピチの女子高生には通じない。うぬぬぬ・・・車田マンガを沢山読んでる今日この頃。遂に「男坂」を読んだ。最終ページの「未完」の字が有名なこの作品。読んでみての感想は、面白い!!だった。・・・意外にもただ、それま...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月16日01:34

人の顔はひとつっきゃないのに目玉はふたつもあるのです

1月4日発売号からハンターハンター連載再開だそうで・・・と言う事は、1月には「ハンターハンター」の新刊が出るのか?どうせ、10週掲載だろうけど。それでも、連載再開するだけで嬉しい。・・・何か腹立つ話けど。さてさて・・・新しい仕事場に出勤するまでの1週間。前の職場での引き継ぎ作業と、母校演劇部での講師と言う、プチ二足の草鞋をはく事になった。新しい仕事場では「本当は今すぐでも力を存分に発揮していただき...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月15日23:07

彼岸に咲くあの花のように

未だに何だか「神様とその他の変種」の事が頭から離れない。あれは一体何だったんだろう・・・と言う変な観念が、隙を見つけては、頭の中にフツフツと湧き出てくる感じ。色んな意味で後を引く作品だった。う~ん…面白い・・・嫁と2人で出かけてきた小旅行。その行き先は、淡路島。淡路島にあると言う大きな植物園「奇跡の星の植物館」へ行って来た。2時間ほど「ひろみっちゃん」を走らせてたどり着いたは、淡路島。日帰りなもん...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月15日02:16

西に夕日が傾くとき東に真っ赤な月が昇る

新日本プロレス11.8両国PPV。中邑が棚橋を下して防衛成功だそうです。てっきりここで棚橋が勝って、ドームのメインで棚橋と誰かのIWGP戦をするとばっかり思ってたのに・・・久々に新日のストーリーが予想外で面白い事になりそう。ここはひとつ、凄い大胆だけど1.4の「レッスルキングダムⅣ」では、ノアから潮崎参戦で、棚橋VS潮崎のGHCタイトルマッチをやるって言うのはどうなんだろう?チャンピオンが、他団体に乗り込...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月14日20:36

神様とその他の変種

オレが神様としてあがめている変態さんの一人に「ケラリーノ・サンドロビッチ」と言うおっさんがいる。小林さんと言い換えても良い。あんなにブクブク太り腐ったのに、歌声は「有頂天」の頃と変わらないと言う奇跡を体現している人で、(オーケンを見てみろ。と言いたい所。)嫁は緒川たまき。緒川たまき可愛いと思う。「巨人のドシン」で好きになった。あんな変態デブリオになぜ・・・と未だに思ってる。そんな、ケラさんの主催す...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月14日17:20

骨を砕く雨の中で

さてもさても。1週間ぶりです。先日の記事で、「どうせ誰も期待してやいないだろう」と書いたけれども、それでも一週間ぶりとは、なかなかどうして・・・オレ個人として、いや~んまいっちんぐです。はい。大体、プロレスを熱く語った記事がトップにあるとどれだけプロレス馬鹿なんだとか思われてしまう。そんな光栄な話は無いですよ。って訳だね。1週間の研修が終了。何と、採用になりました。取り合えず、前にWEB関係でお手...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月08日23:31

精神異常者とネコの爪は鋼鉄の爪

今日、従兄弟とプロレスの話をしている時に「八百長試合なプロレスの面白さが分からない」と言う話になった。プロレスファンなら、一度は誰かに聞かれた事があるだろう、この手の質問。コイツについてチョッと・・・プロレスが八百長かどうか・・・と言う話。プロレスファンを名乗っておきながら、プロレスが台本もアングルもなしにリアルにガチでやってると思ってるヤツはいないと思う。(小さなお子さんと、未だに仮面ライダーが...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月07日21:06

かめさんぽ人情張

カメスケの散歩をしててふと思った・・・カメスケのお散歩シーンを記録に残しておこう。と。何だか、それが大事な事のように思えてきた。で、取り合えず、手元にあったデジカメでカメスケの散歩シーンを撮影。そこまでは良かったんだよ。そこまでは。折角だから、それをYOUTUBEにでもあげてやろう。とか、考え出してからドツボにはまっていった・・・何しか、FLASHで動画編集して、それをあげてやれと、取り合えず動画を製作。この...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月07日01:02

中学生を殴り殺して世界制覇をもくろむギリシャ神話における神々の化身たち

先日のブログ・・・気が付けば「宗教法人 鈍色の青空」のジャケットがアップされてなかった。何でだろ?取り合えず見直してみたけど、特におかしい所も無いから、そのままもう一度更新してみたら、普通に表示されるようになった。・・・と思う。未だに、インターネットは分かんない事がいっぱいだピョンピョン。先日から、新しい職場での研修とやらが始まって、何だか毎日ヘロヘロ・・・ブログの更新がもしかしたら滞り気味になる...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月04日23:40

全財産をお布施すべき大洗脳黙示録の話

ネコの集会。なぜ行われるかと言うと、地域(というか自分達の縄張り)内によそ者ネコがいないかチェックするためだそうです。ネコの社会にも、「顔見せ」というものがあるらしい。ちなみに、開催されるきっかけは何となくで、集まるメンバーは暇なネコで、何をしてるのかと言えばボ~ッとしてるんだそうで・・・ネコ。さてさて。馬忠・DA・ムドーの7枚目のアルバム「宗教法人 鈍色の青空」が完成しました。色々と予定外の事が...
この記事を見てみる  ⇒
2009年11月01日23:12

モンキー・ドグラマグラ・ルフィー

こんな事やってた。(↓)オレは動物が大好きだと思う。でも、植物も大好きだから、生き物が大好きなんだと思う。でも、虫は嫌い。馬忠・DA・ムドーの7枚目のアルバムがほぼ完成したよ。そう言えばまだ、アルバムのタイトルも決めてない。え~と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「新興宗教 ざわざわ教」で良いや。名前...
この記事を見てみる  ⇒
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。