超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2007年07月31日04:56

アホらしいけどあえて「降臨」と言わせてもらいましょうか

この日が来たと数年ぶりに、デカ文字を使わせて貰いましょう。筋少のニューアルバム。9年ぶりのニューアルバムの全貌が公開された。正確には公開されとりました。るみねさんの日記で見かけた。しかし、コレは楽しみだな。新曲はもちろんの事、「イワンのバカ」や「モーレツア太郎」等以前の代表曲に加えて「GURU」の筋少バージョン(仲直りライブの時のりかな?)やらなんやら凄すぎる内容だわ。しかも、エディがゲストって事は「...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月30日04:23

ビキニでノルマンディー上陸作戦

会社から、正社員で無いから全額ではないけど・・・との前置きをした上でボーナスが支給されました。全額で無いってどのくらいなんだろ?と言うか、あんな辞め方したオレに対して辞めた後も色々と対応してくれてる事にビックリ。まさか、ボーナスまで出るとは・・・どうして、今更と思う所も正直ある。辞めたから、ぶち切れたから会社側(と言うか社長)が変わったのかな?でも、そんなぶち切れなやつさっさと関係切ればいいのに、...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月29日22:48

倦怠的義務感の話

義務感にさい悩まれる。自分で決めた義務感に縛られる。そんな経験がこれまで幾つかあった。例えば、高校の頃好きだった先輩に電話をする事。うまく話せないオレはその盛り上がらない会話を続ける事に一種の倦怠感を抱いていた。でも、オレはその人の事を好きだから、何か話題を見つけては話をする事を繰り返していた。若気の至りで済まされれるのか?思えば、それは本当に好きだったのだろうか?もちろんあの頃はそれが本当に好き...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月28日02:09

オナニストだけに留まらない宣言

どうも志茂田です。先日ひょんな事から体脂肪を計ってみると「18%」で正常値だった。何か、最近太ったなぁ~と思ったのに、意外とそうでもないのかも。軽肥満でもなかったし。きっと、筋肉が増えたんだ。ビバプロレスラー。関係ないけど、プロレス大好きなオレにとって亀田兄弟のボクシングは、見るに耐えない。何か、大口たたく割には逃げ腰。KOするかされるかみたいな試合はしないんだろうな。それがボクシングと言うものな...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月27日11:41

糸色望の冒険(多少ネタバレ)

ひょんな事から、「さよなら絶望先生」のアニメを見た。そのあまりにもシュールで暗黒な世界観がかなり好きな久米田康二。何気に初のアニメ化だそうです。考えてみれば、「南国」は下ネタ過ぎるし、「改造」はダーク過ぎるし、絶望先生がそれでも一番まだ許容できるのかも・・・自殺ばっかりしてるけど・・・さてそんな「絶望先生」のアニメ。正直メッチャ面白かった。熱い黒板で有名な「パニポニ」と監督が同じらしく、このままの...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月26日00:39

出来ない事でこそないのだ

相変わらず「永遠の向こうにある果て」のレコーディング中。いよいよ今回のアルバム中オレが最も力を入れた曲「Don't 永眠 ファラオ」のレコーディングだ。・・・でも、全然聴けたものじゃなかった。レコーディングしたトラックを全部消去して、基本に立ち返った。作る側じゃなくて、基礎の練習。最近怠ってた練習。それがここに来てこんなに響くなんて・・・やりたい事の殆どをつぎ込んだ自信作。でも、理想と現実のギャップと...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月25日11:21

名前の無い怪物

もう数年前から、2つの構想が頭の中を駆け巡ってる。1つは名前の無い世界の話。もう1つは絶対暗黒神による新世界創造の話。前者は短編で、後者は恐ろしく長い長編。名前の無い世界の話は派生した短編を、沼レコードの短編集「入ったもん勝ち」の中で発表した事があるけど、アレをもっと掘り下げた形で作って行きたい。それは、多分「仁美・mine」の4枚目のアルバムのテーマになりそう。その話をしてると「早く3枚目を完成させ...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月24日12:02

恥ずかしながら帰ってまいりました

退職届を叩きつけて会社を辞めてから一週間以上経ちました。しばらくパソコンの前に座るのもいやだったけど、今日久しぶりにパソパソの電源を入れました。って事で、今日から志茂田さん復活です。・・・一応。(誰が待っていたのかは知らないけど)MIXIやらブログやらにチョコチョコと書き込みありがとうございます。今から、一個一個に真摯な姿勢でコメント返していきます。(予定)コレまでの分今日1日でいきなり別ネタで5連続...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月17日02:22

迫ってくるようなゾーンプレス

コレでいいのかと不安になりつつも、再びニートの1日目が終わりました。何もしないでいると何だか不安なので、盲目的に色んな事をやった1日。例えば、マンガを描いて・・・例えば、曲作りをして・・・例えば、ゲームをして・・・とにかく今日は1日何かをし続けてた。時間が迫ってくる。押さえつけられるようなプレッシャーを勝手に受けてる。とは言いつつも、何だかんだでやりたい事もやらにゃならん事もいっぱいあるんで、暫く...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月16日01:32

さよならの社会

・・・エ~と・・・取り合えず土曜日付けで会社辞めました。結局の所はそのほとんどがオレのわがままです。多分色んな所に迷惑をかけたと思います。でも、これ以上我慢してまた去年みたいになるわけにもいかんので、この様に相なりました。決して円満退社と言う訳でもない(と言うか、オレが逃亡した形)のだけれども、それでも会社の良くしてくれてた人がわざわざ話を聞きに駆け付けてくれたり、最後まですみませんでした。でも多分...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月12日18:25

髪形にもゆる~はげちゃビンの逆襲~

二次元では(と言うかツンデレ?)基本のツインテール。アレは現実でもドキッとします。ハイ。昔は嫁にやらせて興奮してた事もありました。何か知らんがあの髪形が好き。個人的な趣向かもしれないけど。ただマァ、オレは二次元よりリアルのツインテールの方が萌えるんですけどね。さて、最近中国の食品事情がすさまじく熱い・・・と思ってたら、ついに究極の所まできた。その名も「ダンボール肉まん」。もう食べ物(中国では主食かも...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月11日00:53

虫の目の如く

例えば誰かを殴るとする。殴られた方は痛い。でも時々殴った方が痛いと言われる。加害者と被害者。状況しだいでその本質は変わってくる。客観的に事実だけを見て物事を決めることが増えれば、殴られた方が痛いに決まっている。誰が言ったか知らないけど、多面的な視野を持って生きて生きたいもんだ。...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月10日14:45

才能の話

才能無いな・・・ってまぢでつくづく思う。自分で本当にいいと思うものを作るよりも、誰かのまねをして作ったパチモンの方がよっぽど評価を受けてるこの現実に・・・それでもここまで、コツコツとモノ作りをやってこれたのは、例え少しだとしても、オレの作ったのもを認めてくれた人が居たからだと思う。独りよがりだって自分でもよく言ってるけど、本当の所はそうでもないのかも知れない。少しの人のために、オレはまた何かを作り...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月09日01:39

永遠の向こうにある果て

はてさて、そろそろ仁美・mineの新しい作品を作る準備が出来てきたみたいですよ~。前作から1年と半年(マァ正確には「バクヲ」もまだ完成してないんやけども・・・)ぶりの新作。サードアルバムの名前は大分前から言ってる通り「永遠の向こうにある果て」でございます。今回もコレまで通り全編を通してひとつの物語になってるコンセプトアルバムだけど、今回はコレまでの2つに比べてチョッとベクトルが変わってるかも。それもコ...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月08日01:14

勝ち負けで全てを決める社会はイヤだ

少し前にバカ勝ちしてたゲーセン。実は未だに勝ち続けてます。今日も勝った。今日はいつもと違うヤツをしたんだけど、コレがまた面白いように勝てるもんで、またついつい閉店時間まで遊んでしまった。と言っても、勝ったり負けたりなんで未だに600枚前後しかないけど。個人的には1000枚位を目指して行きたいなぁ~。マァ、そんなゲームばっかりもしてられないんだけど・・・...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月07日01:30

再会の時~その1000~

七夕ですな。7月7日。1年に1度夏彦と織姫が出会える日。考えてみれば「超コツコツ日記」書き始めてから4年目になるのに、毎年この七夕だけはスルーしてたな。と言うか、なかなか七夕ってその日に何かイベント的なものをしない。昔は、毎年ばあちゃん所から竹を貰ってきて、それに願い事を書いた短冊をつるして、それを見ながら、家族みんなで花火したりスイカ食べたりしたもんだけども・・・それもやらなくなって10年以上に...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月06日18:53

二口女の話

アメリカの(どこか忘れたけど)大学で「男と女の1日に発する単語の平均はほぼ同じ」と言う論文が発表されたらしい。昔から、女はおしゃべりとよく言われてるけど、コレがもし本当なら、大して女はおしゃべりじゃない事になる。じゃあ、何で女がおしゃべりと言うイメージが付いたのかと言うと・・・多分アレだろうな。女のほうが声が甲高いから耳につんざくんだろうな。だから、同じだけしゃべっていても女のほうがおしゃべりな気...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月05日17:49

雨のロンドは臭い言葉だからイヤ

雨の日には「F分の1揺らぎ」で落ち着くらしい。そう言えば一年以上前に、F分の1揺らぎをネタにした話をかいたな。このブログで。あれから1年経った・・・時間が経つの早いな~このままノンストップで死に逝くんだろうか?それともある一瞬でまた時間の流れがゆっくりに戻るんだろうか?未来。どんな心持でオレは生きているんだろうかな?昔ほど未来に対して絶望的な考え方はしなくなったと思う。人間何がきっかけでそうなっち...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月04日02:22

偶発的導入1

人の死はある一線を越えた瞬間リアルになる。連日テレビで垂れ流しになる人の生死は、実の所オレの人生とは地続きであるはずで、決して違う世界の話じゃない。それでも、ある一線を越えるまではこれでもかと言うほどに冷静に受け止めることが出来てしまう。要はその線引きをどこでするか。全人類規模で線引きをした男は神となった。一人称だけに限定して線引きした男は殺戮者となった。広ければ良いってもんじゃない。狭ければ良い...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月03日02:04

舞ってセーラー服騎士

何を思ってそこまでミニスカート?会社に行く途中にチャリンコに乗ってる女子高生の短いミニスカートからは、パンチラが。こっちとしてはありがたいけど、何ゆえにそこまでミニスカート?チャリに乗る事くらい分かってたはずだろうに。いまいちそこまで短くする理由は分からん。わき見運転でオレを事故らす気か?マァ、チョッと危なかったけど。何しか「制服」に弱い。セーラー服だけじゃなくて、スーツ着たOLさんとか、看護婦さ...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月02日00:24

パティー・サワディー

過去は過ぎ去りもう無い未来来たらずまだ無いだから今が最高と僕ら転がっていこうぜだけど今が最高と誰が本当に言えるの(分かんない)人様様の歌詞をぱくって偉そうに抜粋して添付する。人として最低。自分の言葉を書き殴りなさい。自分で書けばいいのに、代弁してくれる言葉があるのならそれを引用する。昔、国語の先生が言ってたな。「人の言葉を使って偉そうにしゃべるヤツのボキャブラティーの低さにはあっけに取られるって」...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月02日00:13

ペテン師、新月の夜に死す

帰り際すぐ隣の車が急に物凄くゆれだした。たぶんカーセックス始めたんだろうな。スーパーの駐車場でしかも隣に車止まってるのにお盛んな事で・・・何か生々しいし、情けないし。凄い経験だった。今度からカーセックスは自粛しよう。そうしよう。さて、今日は1日物凄く有意義に遊んだ。何しか最近元気が無かったのも回復してしまうほどに。やっぱりオレの帰る場所はコイツの所だなとか再認識したりなんかして。他の誰と居てもこん...
この記事を見てみる  ⇒
2007年07月01日23:21

クワニータの源流

究極のオナニー話をしようか。もう2年前になる。オレが個人的にかなり思い入れのある「クワニータ」って言うマンガを書ききったのは・・・前にどこかで書いたかも知れないけども、このクワニータを書くきっかけになったのは、アフリカで今もなお続く「女性器切除」の風習。それを見てて、それが例え国のためであろうとも、神のためであろうとも、盲心的に悪習に習っていたら人は幸せになれないとか調子に乗った事を考え始め、結果...
この記事を見てみる  ⇒
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。