超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2006年05月30日07:18

はち切れんばかりの不安

いろんな人が見舞いに来てくれる。彼女や家族、仕事仲間どころか、一回した会ったことなかった「あの子」まで来てくれた。んで、みんな励ましてくれる。でも、基本的には一人の時間が多い。んだらね、変なことを考え出すのよ・・・このままズーッと動かないままで、皆に迷惑かけたまま、「くちて」いくんぢゃないだろかって・・・何しか先が見えないし・・・マァそんなもんですわ。...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月29日12:24

奇跡1

寝惚けて、不意に水の入ったコップを持った。おかんが叫ぶ。「持ってるやん!!」よく見ると動かないはずの左手でコップを持ってた。・・・今はもう動かない。でも、あの一瞬確実にオレの左手はコップを持ってた。奇跡1。...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月27日22:09

リハビリ一日目

・・・歩けん・・・(--;)左足が言うことをきかぬ。動かなくなって初めて知るありがたみってヤツさね。でも、奇跡が起こったりもした・・・詳しくは明日ね。マァ明日は日曜でリハビリ休みやけど・・・...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月26日21:27

動かざること山の如し

左半身が動かなくなった。手や足が何キロかの重りをつけたみたいに重い・・・って事で今日から入院。明日からリハビリだって・・・あ~でも幸いなことに、ヤバい病気じゃないらしい・・・また動くようになるって、言ってくれた。でも、またギターとか練習せんといかんのだろうな~(>_<)...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月25日17:45

死者・邂逅・希望

山の上に大きな墓地を見付けた。無数の墓石が山の峰に所狭しとちりばめられている。その中を通る一本の道。山頂までのその道は、まるで多くの死者が並走しているかのようだ。古来より多くの人々は死者を高くに埋葬した。権力者は常に上に・・・と言う卑屈な了見も有ったかもしれない。しかし、オレはもっと人間的な何かなような気がしてならない。例えば、男が死んでしまった時、その男は最後にこう愛していた女に呟く。「オレが死...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月24日17:48

ゴキ ブリ男の逆襲

オレのマンガとか脚本にはよく「エレノア」って名前のキャラが出てくる。どうしてなのかは全く知らないけど、初めて思い付いてからズーッとこの名前が大好き。何かしっくり来る。「ノエル」ってのもいいんだけど、それは「ロマサガ2」の七英雄としてあまりにも有名なので、使うのを自粛してます。この「何か好き」って言う感覚をオレは凄く大切にする。理由があって好きなものは、いつかその理由が無くなった時に好きじゃなくなる...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月23日11:21

子守唄~大自然remix~

雨だ。雨だ。雨だ。・・・雨の音には「F分の1揺らぎ」と言う音が含まれているらしい。この「F分の1揺らぎ」は、人間がもっとも落ち着く音の振動らしく、オレの場合、落ち着く→眠くなるのコンボに繋がってくる。何でも、この「F分の1揺らぎ」は数万人かそこらに一人の割合で出せる人間がいるんだって。例えば宇多田ヒカルやMISIAがそうらしい。歌姫とはよく言ったもんだ。ぢゃあ何でこの雨音に含まれる「F分の1揺らぎ」が人...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月22日12:06

やってくれましたな~!!!!

物凄いニュースが入ってきた!!何とあの元筋肉少女帯の橘高文彦と大槻ケンヂが「大槻ケンヂと橘高文彦」のユニット名でCDデビューするんだって!!しかも、バックバンドのキーボードはエディーこと三柴理だって!!しかも、筋肉少女帯の超名曲「踊るダメ人間」をこのメンバーで再録すんだって!!ベースがウッチーでないのが残念でならないけど、エディーと橘高の夢の共演。これはキンショーファンなら誰もが一度は夢見た事ぢゃないだろう...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月19日13:24

驕れるものの集まり

今日は高松市の中心の商店街へ営業。しかし・・・寂れたなぁ~この辺は。で、実際ウロウロしてみて分かった。そりゃ寂れるわ。何て言うか、ドイツもコイツも調子に乗ってる。多分、昔から商店街に店を出してアンノ~ンってしてたんだろな。それか、危機意識が高まりすぎか・・・マァオレは客じゃないから、そこのまでいい対応なんかは期待してませんよ。それでも、これまで行ってきたどの地域よりも、「人としてどうなの?」な対応...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月18日18:32

泣き虫はいつの日か虫じゃなくて人になる

「人間はいつでも好きな時に泣く事ができる。」最近オレがはまってるとあるラジオドラマでの一説です。ってことで今日は「泣く」って事についてチラホラと・・・オレは正直な話、つい最近までちゃんと泣いた事が無かった。ズ~ッと突っ張って、無理して強がってた。誰彼に甘えて大泣きするなんて情けないことで、それはやっちゃあいけないという、どこから来たのか分からない自尊心に彩られた生活をおくっとりやした。もう何度目に...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月17日22:12

ZIN―SAY!!

この前たまたま「もののけ姫」をやってた。んで見た。その中で乙琴主が「生きるとはかくも苦しいものだ」みたいな事を言ってた。・・・よね?マァ多少違うかも知れないけど、そんなニュアンスのセリフだわ。生きるって大変。いやまぢで。一人だけで延々生きてかないといけないのならば、それは何よりも苦しいことだと思う。子孫を残すために生きるって言われても、オレにはそんなでかい視野は無いんですよ。種族維持が最大の目標な...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月16日16:36

超不得意科目を受験する気持ち

ホント申し訳なく思うけど・・・人の顔が覚えられない。元々オレは全く人の顔を覚えられない。正直彼女の顏でさえも、一週間会わなければ忘れちゃう。オレは人を、その人が纏ってる空気で判断するわけですよ。だから、空気がオレと馴染むまでは、その人のことを覚えられない。もう150件以上の会社に行った。んだらさすがに同じ人にもよく会うんです。よく向こうから、「前に~~~で会いましたよね?」って言われる。そん時は「あ...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月14日01:09

ふとまにまにそう思ったこと

誰のための言葉なんだろうか?いつも、オレが何気無く発している言葉は・・・大切な人のため?オレの事を分かってくれない人のため?他人のため?嫌いなヤツのため?全部違うと思う。多分言葉って自分のためだと思う。言葉を使って、話し合うのも、喧嘩するのも、泣くのも、言い訳するのも、思いを告げるのも、怒るのも、歌うのも、笑うのも、表現するのも全部自分のためだと思う。「どうせオレの事分かってくれないヤツには何を言...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月12日19:19

狐の皮衣みたいなんだろうか?

不安になる。もう5月も半分終ってしまった。考えてみれば、オレは4月入ってからの一ヵ月半・・・何を残した?不安になる。この一ヵ月半の間、オレは存在してもしなくても同じじゃなかったんだろうか?不安になる。昔、オレはよくこんな感じになってた。そんな時は、何かを残したくて必死でマンガを描いたり、曲を書いたり、脚本を書いたりしてた。それも狂った様にしてた。時には、生きてる事を確かめたくて、自傷もやった。・・...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月11日12:21

ほのぼ~の

今日は営業で塩江まで着てみた。このクソDO田舎最高だ~!!!!最近仕事おもんないわ~になってたオレを元気にしてくれた。みんな優しいジジイ、ババアばっかり。(あ~一人腹立つヤツいたけど・・・)何か今度彼女と二人で遊びに行く約束もしてもうた~(~o~)スッゴいほのぼのする。やっぱりオレは田舎が大好きだ。都会なんかクソ食らえだ!!金を稼げる代わりに、人間関係が築けないなんて、つまらなさ過ぎる(>_<)だって、今入っ...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月07日21:31

混浴じゃないと納得いかないオレに対しての苦肉とも言える対抗策(彼女編)

今度の新居。お風呂が大きくなったから、2人でお風呂に入れるようになった・・・事につい最近気がついた。んで、最近やってるのは、入浴剤を買ってきて、彼女と2人でザップ~ンってなもんですわ。コレがすっごい幸せ。一週間分の疲れがドット取れる。いつも一時間くらい、お互いで体流しっこしたり(マァ、基本はオレばっかりやけど・・・)湯船に浮かびながら、ズ~ッと色んな話したり。もうおっさんと言われればそれまでだけど...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月05日21:23

図書館で大泣きした22歳になる社会人

彼女がズ~ッと行きたがってた県立の図書館。実は、オレの今に家から、車で5分くらいの距離。散歩がてらに、ぶらぶら2人で歩いていった。・・・甘かった。図書館に着いたころには2人ともヘロヘロ・・・1時間近く歩いてた。5分ってのはあくまでも、オレの愛車の「浩満くん」に乗っての話なんだって事を再認識。図書館では、メンドイ本なんか読めるわけも無いんで、児童文学・・・絵本のコーナーに直行。小さな子どもに混じって...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月04日21:35

旅行の話

彼女と二度目の旅行に行って来た。二泊三日。と言っても、ホテルとかじゃなくて、オレんちにお泊りしながら、そこを拠点に、色んなトコをブ~ラブラとね。一日目は、ホント何にもしなかった。買い物行ったり、散歩したり、あと、二日目に行く「直島」のフェリーチケットを買いには行ったな。受付のおばちゃんが凄くいい感じだった。「直島ってどんなのがお勧めですか?」って聞いたら、「見るとこないよ~」って・・・素敵な方です...
この記事を見てみる  ⇒
2006年05月01日20:55

約束事~守れなかったら、乳首がなくなるまでモミしだく~

無理をして生きないといけなくなったら、仕事なんかやめて逃げ出す。楽しい事をいっぱいやる自分では分からないアホ2人。彼女とお互いがお互いを見て守れてるかを判断。守れなくなってたら、即退職、即結婚。そんな内容の電話。...
この記事を見てみる  ⇒
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。