超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2007年10月11日22:18

大自伝を読んで~志茂田さんの感想

最近また仕事面でもプライベートな面でも色々やりたい事と言うか、やらなければいけない事が増えてきている。偉そうに言ってみれば「忙しく」なってる気がする。そんな中でも、やっぱり嫁と遊びに行ったり、ダラダラゲームやったり、本読んだり、ギター弾いたりやりたい事ばっかりやってる。どこにそんな時間がある・・・と言われれば、その分やらなきゃいけない事が遅れてるだけなんだけど・・・やりたくなった時以外はモチベーシ...
この記事を見てみる  ⇒
2007年05月24日12:00

マリリン・マラソン

例の母親をのこぎりで切ってた少年は、マリリン・マンソンを良く聞いていたらしい。多分「メカニカル・アニマル」辺りだろうな。しかしマァ、よくマリリン・マンソンに影響されたなぁ~どんだけ不道徳な事を言ってんだか知らんけど、オレにはなんて言ってんのか全く理解出来なかった。曲自体から来る恐怖なら多分「スリップノット」の方がよっぽど凄いと思う。多分、彼は物凄い英語が出来たんだろうな。さて、最近江戸川乱歩から一歩...
この記事を見てみる  ⇒
2007年05月02日11:04

二度同じネタを書くのは無粋なのかもしれない。それでも書かずにはいられない今の気持ちをツラツラと書きます。オーケンが江戸川乱歩の裏の最高傑作と評した「蟲」。この、オレがい今まで読んだ中で最も純粋な恋の物語は何度読んでも、たまらなくなってくる。特に後半の、征木愛造の追い詰められていく様がどうにもこうにも、切なくて、それでいて悲しい。居た堪れなくなっていく征木愛造の心持の表現は、ここまでのものを空想で書...
この記事を見てみる  ⇒
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。